【八王子】ラーメンが本当に旨い店を厳選したらわずか3店舗になった

シェアする

「厳選と言っておきながら10も20も紹介」

→ぜんぜん厳選出来ていない

「旨いラーメンランキング」

→一体何をもってランキングしたのか疑問

「行列のできるラーメン」

→行ってみたら、ラーメンが旨いんじゃなくて単純に店が狭いだけだった

こんなラーメン紹介サイトがおすすめするラーメンを食べた時の共通点。

「あれ?別に普通なんだけど…。」

こうしてラーメン紹介サイトに騙され続けている私です。

多少の好みの差こそあれ、大半の人が食べた瞬間に「旨い!」「もう一回食べたい」って思えて、普段そうでない人も「スープまで飲み干しちゃう」が本当に旨いラーメンなんじゃないでしょうか?

そんな店が10も20もあってたまるか。だからもう自分で記事を書きました。

【八王子】ラーメンが本当に旨い店を厳選したらわずか3店舗になった

ということで、私の独断と偏見ではありますが、間違いなく一口食べて多くの人が「え?うま!!」って感動できるラーメン屋を悩みに悩んで厳選した結果、

こんなラーメン激戦区と言われる八王子なのに、たったの3店舗になってしまいました。

でもいいんです。

この記事を読んでいただけたラーメン通の方に間違った情報を伝えたくないから、絶対に美味いラーメン屋だけ紹介します。

それでは早速紹介していきます。

スポンサーリンク

煮干鰮らーめん 圓(にぼしいわしらーめん えん)

煮干鰮らーめん 圓

煮干鰮らーめん 圓の情報・口コミ・評価

いきなり超有名店ですみません。でも、絶対に美味い店しか紹介できないので勘弁してください。

中華そば 勇次@町田 の田中勇次氏が立ち上げたお店で、煮干しラーメンの専門店です。煮干しラーメンと聞くと好みが出そうですが、あの煮干しの独特の香りもえぐみも全部巻き込んで美味いラーメンを食べられます。

私はあまり参考にしていませんが、2017年時点での食ベログの東京ラーメンランキングで3位、全国でも5位(3.99)という、とてつもなく有名でおいしいお店です。

実は私、初めてこの「煮干鰮らーめん 圓」に行った時はあまり感動しなかったんです。確かに煮干しの香りがぶわっときて独特だけど、「そんな評価されるほどのラーメンか?やっぱ、ランキングなんてあてにならないよなぁ。」と、印象には残れどさほどおいしいとは思いませんでした。もう来ないだろうって。

ところが、それから一ヶ月くらいしたある日、突然無性に「あーー、煮干鰮らーめん 圓のラーメンが食いたい!」と思って自転車を走らせました。到着して、着丼、そしてスープを飲んだ時、「旨ーーーーい!!」と、それ以降すっかりファンになってしまいました。

1回目がダメでも、2回目にヒットするということもあります。そして2回目でヒットしたラーメンはもうずっとファンになるものです。なぜ2回目に感動したのかはわかりませんが、いまでも頻繁にリピートする自信をもって進めるラーメン屋です。クセになっちゃうんです。

ここの店主さんは西八王子に4月23日オープンした「煮干鰮豚骨ラーメン 嘉饌(かせん)」に木金の夜いるそうです。ファンの方は行ってみてください。私も3回行きましたが、やはり煮干しを中心としたメニューが豊富で、「煮干鰮らーめん 圓」とは全く違った豚骨ラーメンが楽しめます。豚骨も煮干したっぷりですよ!

営業時間

11:00〜15:00/17:00〜23:30
※スープ切れによる早仕舞いあり

定休日

なし

住所

〒192-0081 東京都八王子市横山町21−21

詳しい地図はこちら

席数

カウンターのみ8席

混雑状況・行列情報

開店と同時(11時)ならほぼ座れる。

11時30分には店内で待つ程度

12時台には行ったことありません。おそらく外まで並んでいると思います。

13時台 店内待ち5名

改装されて店内に待つ人用の椅子が設置されましたので、10名弱まで店内に並べます。

煮干鰮らーめん 圓のメニュー

らーめん

煮干しらーめん       780円
昔ながらのらーめん     780円
塩らーめん         780円
特製煮干しらーめん     980円
特製昔ながらのらーめん   980円
特製塩らーめん       980円

「煮干しらーめん」と「昔ながらのらーめん」の違いは「薄口醤油」か「こいくち醤油」かの違い
「特製」の違いはチャーシューが倍の4枚入っている事と味玉2個入っている

つけ麺平日(14:00~)

つけ麺(小盛)130g      780円
つけ麺(並盛)200g      850円
つけ麺(中盛)250g      900円
つけ麺(大盛)350g      980円
特製つけ麺(小盛)130g    980円
特製つけ麺(並盛)200g   1,050円
特製つけ麺(中盛)250g   1,100円
特製つけ麺(大盛)350g   1,180円

ご飯もの

白めし 150g        100円
白めし大 225g       150円
チャーシュー炊込みご飯 170g 180円
卵かけごはん(アローカナ)  250円
卵かけごはん(名古屋コーチン 250円
卵かけごはん(合鴨)     300円

卵かけごはんは3種類(アローカナ、名古屋コーチン、合鴨)
私は卵かけごはん苦手です。すみません。

トッピング

味玉(1/2個)         50円
メンマ             100円
大盛り 1.5玉          100円

煮干鰮らーめん 圓のおすすめ(煮干しラーメン)

いろいろ食べましたが、結局行き着くのはこの煮干しラーメンです。煮干しの香りを届けたい。スープを飲み干してしまう一杯です。

煮干鰮らーめん 圓

麺は国産小麦と卵を使った全粒分入りの平打ちっぽい中細で、コシのあるしなやかな自家製ストレート麺。

しなやかなのにムチっと弾力のあるのが特徴。じつは昔は麺が中途半端に柔らかいなんて声もあったのですが、改良されたのでしょうか、いまは弾力がしっかり感じられる麺になり、口コミも上々です。

ここのオーナーは結構お客様の声を聞いたり、実験的なことをやったりするので面白いです。

スープ

多くの口コミにあるように。着丼と同時にぶわーーー!っと煮干しの香りが襲ってきます。

スープをいただくとさらに強く感じられる煮干しの香りと、上品なのにしっかりした煮干しの旨味と苦み。煮干しのエグミは少ないのですが、煮干し感は半端じゃありません。煮干しの風味がしっかりしてるのにくどく無く、あっさりまろやか。

どうしてこんなことができるのでしょうか?ほんとに「煮干鰮らーめん 圓」にしかできない技です。スープは九十九里産の片口鰮(鰯)、昆布、鶏がベースとのこと。

トッピング

トッピングは、チャーシュー2枚にメンマ2本、そして味玉とネギ。

メンマは極太で歯応え良好。ちょうどいい味付け。

ちょっと濃いめの味玉の味付けはスープとの相性が絶妙です。黄身のしっかり味を出せている味玉はトロトロで絶妙な状態。

チャーシューはバラとロースが入り、バラがジューシーで脂感も絶妙なチャーシューの旨さは一流店のそのもの。一部ではチャーシューの脂身が多くて残念との声もありますが、ここはもう好みの問題ですね。

ちなみに昔はバラチャーシュー入っていなかったんですが、実験的にバラも入れているのだとか。「もしかしたらやめちゃうかも」と、「煮干鰮らーめん 圓」オーナーがおっしゃてたそうで、継続してくれること願います。

煮干鰮らーめん 圓のおいしい写真(煮干しラーメン)

煮干鰮らーめん 圓

らあめん大安(らあめんたいあん)

らぁめん大安

らあめん大安の情報・口コミ・評価

八王子のラーメン屋の中で間違いなく一番食べたのがここのらあめん。ここの店主は新宿の老舗「満来」から独立。味は「満来」を踏襲する形で、豚骨ベースのあっさりした醤油ラーメン。麺は自家製麺である本店のレシピで平打縮れ麺を使用。新宿の「満来」より旨いなんて呼び声も多数の、八王子の名誉とも言える超優良店です。

店内はとても綺麗で、女性の一人客でも入りやすいラーメン屋

基本、店主と奥さまの二人で営業をしているのですが、この2人の連携が完璧でスピーディーな調理を楽しめます。よほどオーダーが立て込まなければ、着丼までのスピードはほぼ5分以内。きっと初見は誰もが「はや!」と感じるはず。

営業時間

[月〜金] 11:00〜15:00/17:00〜20:00
[土] 11:00〜20:00

土曜日は20:00となっていますが、麺切れ次第終了で毎週15時くらい目安で閉店しています。基本店の外にはずっと行列ができています。

定休日

日曜・祭日

住所

〒192-0904 東京都八王子市子安町1-11-10エリートビル1F

詳しい地図はこちら

電話

042-644-5529

席数

カウンター8席

らあめん大安の混雑状況・行列情報

開店前に並べば座れます。ただ、開店直後には外に5〜10名ほど並びます。それ以降は平日土曜問わずずっと行列が並びます。まれに運良く途切れることもありますが、すぐに行列が発生します。

ただ、大安は並んでも10名程度。なぜかそれ以上並びません。激戦区なので諦めて別の店に行くのでしょう。なので並んでも30分以内にはありつけます。

しいて狙い目を挙げるなら平日の休憩前の時間帯、土曜日ならば、14時以降。でも、あまり行くのが遅いと麺切れで閉店してしまいます。

着席かららあめんの提供までは超スピード早いですが、ボリュームが大盛りということと、旨いので皆スープまで飲み干すので普通よりも時間がかかります。

メニュー

らあめん      730円(麺300g)
らあめん(小)   520円(麺150g)
チャーシューめん 1,300円
納豆らあめん    850円
ざるらあめん    780円
チャーシューざる 1,200円
メンマざる     950円
納豆ざる      900円
生玉子、バター各  50円
大盛(+300g)    200円

1300円のチャーシューメンはだいたいいつも昼には売り切れます。超人気です。

らあめん大安のおすすめラーメン(らあめん)

麺のボリュームがなかなかなので、シンプルにらあめんで十分満足できます。女性はらあめん(小)から試してみたほうがいいかもしれません。(小)で、普通のらあめんくらいのボリュームです。

らぁめん大安

麺は平打ち太縮れ麺で弾力があってもちもちっとした食感でとてもうまいです。なにしろ普通のらあめんでも300gあるので、最初はきついかなと思いましたが、いまやこの量でこのらあめんというくらい絶妙なボリュームです。つるつると喉越しも良く、スープがよく絡む。

スープ

間違いなく、一口飲んで「旨い!!」とおもっていただけます。保証します。見た目はその辺のラーメン屋の普通のスープに見えますが、はっきりいって次元が違います。

スープは、透明感のある美しいスープ。シンプルでスッキリとしていて味わいがあります。動物系のコクをベースに醤油を合わせた清湯スープに、浮かぶ脂がキラキラつやつやしていて、ずっと見ていられます。あっさりしているのにシンプルなのに、様々な旨味が感じられ、飲み始めると止まりません。たぶん、普段飲まない方でも、らあめん大安のスープは飲み干しちゃいますよ。

柚子の皮が本当に少量入ってるので、アクセントになり爽やかな気分になります。ここのスープのおかげで食後30分は幸せな時間を過ごせます。

トッピング

トッピングは、チャーシュー、メンマ、小松菜、のり

小松菜がらあめんに彩りを与えますね。鮮やかな色です。シャキシャキッとした食感で苦味などはありません。スープに浸しながら、時折の口直しと食感を楽しむのに最適です。

のりやメンマは特筆すべきことがない標準的なものですが、そのかわり超目玉になるのはチャーシューです。でかく分厚いもので二郎の豚より大きいかもしれないです。この大きさなのに柔らかく味も良い。

かじると綺麗に肉の繊維に向かって裂け、肉肉感がとてつもない。大ボリュームで、チャーシューめんが即売り切れる理由が理解出来る。

時に脂身の多いところが提供されるが、この脂身もとろけるような柔らかさでらあめんのスープとともにいただくと、スープの旨味が増してこれまた最高の一杯になります。

らあめん大安のおいしい写真(納豆らあめん)

納豆と卵を混ぜたものをらあめんの上からかけます。最初は抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんが、中毒になる方多数。納豆が麺をつるつるっとさせてくれて、喉越しの良さが増します。このらあめんのスープは納豆との相性がとても良く、スープの旨味と納豆の旨味が相乗効果を生みます。お試しあれ。

らぁめん大安

みんみんラーメン

みんみんらーめん

みんみんラーメン本店の情報・口コミ・評価

これまたど定番で申し訳ないですが、必ずリピートしたくなるお店です。一口食べたら、「あま!」そして「旨!!」っとなるはずです。

いわゆる「八王子ラーメン」の元祖は「初富士」と言われていますが、「八王子ラーメン」の代表店舗としては間違いなくこのみんみんラーメンが上がります。これまで紹介した2店舗とはちがい、家族連れが多く集まるお店。もちろん行列もできます。

テーブル席もあり、いかにも昔懐かしの街の中華そばやさんかな?と、あなどるなかれ。一口食べれば行列に納得のラーメンです。接客も良く、家族連れでも安心して利用出来るという、「貴重な」旨いラーメン屋です。

営業時間

11:00〜16:00 / 17:00〜20:15

定休日

月曜

住所

東京都八王子市楢原町437-1

詳しい地図はこちら

連絡先

 042-624-2774

席数

カウンター5席、テーブル4人席X4卓 合計21人

みんみんラーメンの混雑状況・行列情報

席数があるので、他のラーメン屋ほど並ぶことは少ない。

11:30の時点では待ちなし。

12:00になると待ち4〜5名ほどになり、それ以降はピークタイムは並びがあります。

席数はあるものの、「みんみんラーメン」は家族連れが多くゆっくり食事をするので、20分以上待ちの場合もあります。

メニュー

かけ中華          並380円・大490円・特大540円
ラーメン          並500円・大600円 ・特大650円
ネギラーメン        並650円・大760円・特大810円
メンマラーメン       並650円・大760円・特大810円
チャーシューメン      並760円・大860円・特大900円
バラチャーシューメン    並760円・大860円・特大900円
ネギチャーシューメン    並810円・大910円・特大960円
ネギバラチャーシューメン  並810円・大910円・特大960円
ネギメンマラーメン     並810円・大910円・特大960円
チャーシューメンマ     並860円・大970円・特大1020円
バラチャーシューメンマ   並860円・大970円・特大1020円
ネギチャーシューメンマ   並950円・大1050円・特大1100円
ネギバラチャーシューメンマ 並950円・大1050円・特大1100円

半ライス 150円/ライス 200円
メンマ皿・ネギ皿      各330円
チャーシュー皿        380円
瓶ビール           530円
ジュース・コーラ      各130円

みんみんラーメンのおすすめ(バラチャーシューメン)

みんみんラーメン

麺は、細麺から中細のストレートで、しっかりとした食感で、喉ごしも良いです。

色は中華麺でおなじみの「かん水」効果が顕著に現れ、黄色い麺。

やや固めで歯ごたえのある状態で提供されるが、決して芯が残っているというわけではなく、単純に麺の密度が高いという印象。パスタのアルデンテのイメージです。前歯で噛むとパツパツっと切れていきます。

「みんみんラーメン」の麺は見た目は超王道の中華麺なんですが、この独特の食感がまた癖になってしまうんです。柔らかなちぢれ麺がスープによくからみます。

スープ

透き通った琥珀色したスープには、ラードが油膜をはり、さらには鶏の質の良い脂の輪っかがぷか〜と浮いている。油膜が張っているので最後まで熱々のスープを楽しめます。

見た目は味が濃そうに見えますが、そんなことはなく、塩加減よりもあっさりまろやかな醤油の味を楽しめます。八王子ラーメンならではの玉ねぎの甘みもしっかり感じられます。

肝になるのは「鶏ガラ醤油」です。これがとても透明感あるスッキリさと動物系のコクを実現させています。この動物系の豊かなコクがありながら、するすると飲み干せてしまう丸みが素晴らしいです。溶けたラードも絶妙の比率でスープに溶けています。

トッピング

トッピングは、刻み玉ねぎ、チャーシュー、メンマ、のり

メンマは細目でやや薄めな甘めで味付されたもの。
チャーシューは薄切りのロールチャーシュです。肉の噛み応えを残しつつ、味付がしっかりとされています。脂身が少なく味も良いです。

昔は混ぜてもらえたチャーシューが今はチャーシューかバラチャーシューか選択式になってます。

そしてやはり八王子ラーメンは玉ねぎですね。甘みが容赦なく醤油スープに溶け込みラーメン全体を美味しい甘さに仕立ててくれます。シャリシャリと言う歯ごたえもこの刻み玉ねぎならではの楽しみ方。

おいしいみんみんラーメンの写真

みんみんラーメン

【八王子】ラーメンが本当に旨い店を厳選したらわずか3店舗になったのまとめ

いかがだったでしょうか?「本当に旨いラーメン」と紹介する以上は、一口目の「うま!!」という衝撃と、思わず「スープまで飲み干しちゃう」味、そして「もう一回食べたい」とふと思い出してしまうほどのラーメンでなければならない。自信を持ってこの3店舗を紹介させていただきます。