子供と遊ぶ。八王子の公園その21(東平岡公園)

シェアする

こちらのサイトでは、

八王子にある公園を親子で遊ぶ目線で、様々な角度から評価をしてまいります。お子様と一緒に遊ぶ公園探しにお役立てください。

遊具とトイレは全て写真を掲載していますのでその公園の詳しい情報を知りたい方にオススメです。

着目ポイントは以下。

  • 時間を潰せるか
  • トイレはきれいか
  • 遊具は豊富か
  • 自動販売機(水分補給)はあるか
  • 子供にとって、親にとっての気遣いはあるか

メニューや検索バーから他の公園も検索できます。

東平岡公園で子供と遊ぶ

東平岡公園

八王子からやや歩きますが、この公園は、八王子のサイエンスドーム(2017年リニューアル完了)の近くにある公園です。

ということは、前回ご紹介した大横町公園のめちゃ近くにあるということです。というか、ほぼ隣です。なんだって隣り合わせにしたかね。まあ、ありがたいんですけど。

おまけに巨大なウマがいます。子供はめちゃくちゃ喜びますので、これだけでも見に行く価値ありの公園です。サイエンスドームの帰りにちょっとよってみるのもありです。ちなみに娘は馬に乗ると必ず「はいやー!!」と叫びます。どこで覚えてきたのでしょうか。

スポンサーリンク

場所(グーグルマップ)

広さ(レベル2/5)

やや狭くなりますが、まだ子供は十分に走り回れますのでご安心ください。それにほぼ隣に公園がもう一つあることを考えれば、むしろ大きな公園です。ほら、この地図。右隣の隣にあるのが大横町公園です。

遊具(ハマりレベル3/5)

ブランコ

標準的な高さのブランコで、年齢を問わず楽しめるブランコです。足元にマットが敷いてあるので、雨上がりでも安心、としてクッション効果もありますので、着地や万が一の時にもダメージを最小限に抑えてくれます。

ブランコ



砂場と、すっと伸びる木

この木が緑色だったら、小門公園のサボさん(紹介済み)ですね。こんな大人には一瞬何の為にあるかわからない遊具が、意外にもめちゃくちゃ子供には人気なんです。登ってよし、高オニしてよし、輪投げをしてよし、飛び降りてよし、頂上で雄叫びをあげてよしと、とにかくシンプルな遊具は逆に子供の想像力をかきたてます。遊びの天才ですから。

そして、高くに登って万が一、でも、地面は砂場のクッションという素晴らしい設計。日本の公園の設計者は、どうしてこんなに気が回るのでしょうか。素晴らしいと思います。

砂場



アスレチック

登って上を歩けばバランス感覚を要請する平均台。下の穴はくぐってみたり、かくれんぼでオニの位置を確認する覗き穴につかったり。子供たちは怖いぐらい縦横無尽に飛び回ってました。子供たちっていうのはこうやって遊びながら体幹をしっかりさせていくのですね。

アスレチック

巨大ウマ

出ました。この公園の主役。巨大なウマのジャングルジム。高さは2メートル50くらいあったと思います。もう、子供は大はしゃぎで登ります。

しっかり補助も忘れずに。

馬の遊具

トイレ(綺麗レベル2/5)

仮設的なトイレです。ちょっと残念ですが、何度も言いますが、隣の隣に大横町公園のトイレがありますし、ほぼ向かいにサイエンスドームがありますので、公園の評価には加味する必要はないと思います。
トイレ

自動販売機・コンビニ(水分補給)

コンビニ:見つけられませんでした。

自動販売機:園外道路沿い。徒歩1分のところにあります。

基本情報

名称:東平岡公園

所在地:〒192-0061 東京都八王子市平岡町32−3

連絡: 不明

総合評価

東平岡公園単体でも、木登り遊具や巨大なウマの遊具があり、子供は間違いなく楽しめます。しかしここはやはりサイエンスドームとのタッグで利用するのがオススメです。それどころか、大横町公園とのトリプルで楽しめば、シナジー。いわゆる相加相乗効果どころではありません(笑)サイエンスドームは2017年リニューアル完了!このトリオで1日楽しむことができますね。楽しみです。