【シェーン英会話|口コミ・評判】子供を実際に数ヶ月通わせた結果

今回は、子供を「シェーン英会話」に実際に通わせた結果を途中経過レポートさせていただきます。

これから子供を英会話教室に通わせようと検討している方のお力になれれば幸いです。

スポンサーリンク

なぜシェーン英会話にしたのか?

まずは、私が子供の英会話教室としてなぜシェーン英会話を選んだのかから軽くふれていきます。

さまざま理由がありますが、最大の理由は圧倒的で、

英会話教室にそこまで前向きでなかった娘が、シェーン英会話の体験レッスンを終えた直後、

「絶対ここにする!明日も来たい!もう決まりね」

となったからです。

いくつかの英会話教室の体験レッスンに参加しましたが、親の私から見ても子供達の表情が一番いきいきしていましたし、子供達のレッスンへの積極性も圧倒的でした。

英会話は言葉ですから、「やれば」誰だってできるというとある講師の言葉に共感している私は、いかに子供が続けたいと思うか、いかに積極的にレッスンに取り組むかということは、小難しいカリキュラムを超えて大切なポイントと考えていたからです。

もちろん、決断の理由は他にもあり、

  • ネイティブの講師がいる
  • 個別指導・少人数レッスン選択可能
  • 講師のレベルが高いと定評がある
  • 通いやすさ(アクセス性の高さ)
  • レッスン料や入会金が平均的
  • 英検やTOEIC®L&R TEST対策あり

などなど細かな比較は他の英会話教室ともしてみました。

総合的に見た結果、シェーン英会話一択となりました。検討している親御さんは、どんなもんなのか、無料体験レッスンを受ける価値はあると胸を張れます。

本当は、

 

 

などもあり、専門家の評価がダントツで高い「ペッピーキッズクラブ」「ベルリッツ・キッズ」も気になったのですが、私の住む街、東京都八王子市にはアクセスのいい教室がなく断念しました。

スポンサーリンク

レッスン動画|シェーン英会話教室

シェーン英会話教室のレッスン動画はこちらです。

スポンサーリンク

口コミ・評価|子供をシェーン英会話に数ヶ月通わせた結果

シェーン英会話 口コミ 評判 評価

それでは、子供をシェーン英会話に数ヶ月通わせた私、親としての口コミ・評価をしていきたいと思います。

子供のやる気は続いているのか?

答えはイエスです。

本当に、あんなに引っ込み思案で人前で話すのが苦手だった娘。おまけに出不精で家でゲームをしたりYouTubeを見ている方が好きな子が、こんなにもやる気になるとは思いませんでした。子供に失礼ですが、ここまで期待していなかったのが正直なところです。

学校の宿題は帰ってきてもなかなか取り掛からないのに、シェーン英会話の宿題は帰ってきてすぐに始めます。

数ヶ月経った今も、前日から「明日シェーン楽しみだな〜」というほど。

全ての子供に当てはまるとは言い難いですが、少なくとも我が子との相性はバッチリだったようです。

子供は英語を話せるようになったか?

これに関してはまだ微妙です。数ヶ月という期間で英語脳になるまではまだ時間が足りないというのが正直なところ。

とはいえ大きな変化があるのも事実で、

確実に本人が「英語を話す・話そうとする機会が増えた」のは間違いありません。

レッスン終わり、友達や先生に「see you !!」と挨拶をしたり、目についたものを英語で言おうとしたり、「これは英語でなんて言うの?」と興味を持ったり、YouTubeでは英語の動画を探したりするようになりました。

シェーン英会話のレッスンの日までに、新しい単語を覚えていって先生に使ってみたり、レッスンの帰り道、一生懸命その日覚えたフレーズ・センテンスを親に使ってみたりしてきます。

これはまさに、言語を覚え始めの多くの幼少期にある傾向で、これからの成長に期待ができる状況と捉えています。

子供は英語を聴き取れる(ヒアリング能力)ようになったか?

これもまだ微妙です。

なにしろ覚えている単語の数がまだまだ少ないですから、フレーズに登場する知っている単語だけをつなげてもなかなか意味を捉えることが困難です。

ただ変化も現れてきました。

例えば、娘はペッパピッグという英語YouTubeを見ていますが、英会話を始めたばかりの頃は「何を言ってんのか全然わかんない」と言っていたのに、最近では「あ!いま〇〇って聞こえた!」など、聴き取れる単語が増えてきました。そのたびに嬉しそうな顔をしています。

子供でも大人でも「分かる」という体験は非常に喜ばしく、それがまたやる気につながっていくということを考えれば、ヒアリングはまだまだですが成長過程にあるということは間違いなさそうです。

子供の英語の発音は良いか?

これはイエスです。圧倒的に発音が良いです。

これが小さい頃から英会話を始める最大のメリットで、よく言われるのが「L」と「R」の発音の違いを自然に聴き取れるようになるには、およそ9歳くらいまでにネイティブの発音に触れられる環境にあることとされています。

私がネイティブの講師にこだわる理由もここにあります。

特に私は発音に関して「ネイティブの先生の発音を、自分の耳で聞こえた通りに発音してね。」と口を酸っぱくしていますので、それを素直に実行してくれている娘の力もあるかと思います。

とにかく子供の英語の発音は「発音良く英語を話すことが恥ずかしい」と思い始める前にスタートすることが大切です。

それから、中学生になり英語教育が本格的にスタートしたタイミングも注意です。思春期の中学生は、周りと違うことを恥ずかしがる可能性がでてきます。これにより、せっかく学んだネイティブの発音を、わざわざ「日本人英語の発音」に戻してしまう子がいます。これは多少なりとも親のケアが必要になるかもしれません。

他の講師の評価はどうか?

今回、私がシェーン英会話で無料体験レッスンや現在のレッスンを担当してくれているネイティブ講師の評価がとても高いことは紹介してきた通りです。

では、講師によって当たり外れがあるのでしょうか?これも心配なポイントかと思います。

結論から言うと、我が子は週2回レッスンに通っており、もう1つのレッスンは別のネイティブ講師です。そしてそちらのレッスンも授業参観日の時にみさせていただきましたが、しっかりした授業がなされ、非常に安心しました。

二人の講師しか見ていませんから、全ての先生のレベルが高いと言う口コミはできませんが、少なくとも、二人中二人の講師のレッスンに、子供も私も満足していますということは言えます。

シェーン英会話のネイティブ講師は、「56時間におよぶTEYL(Teaching English to Young Learners and Adults)コースを修了した特別な指導法を身につけなくてはならない」という条件もあり、単純にネイティブの発音ができればいいのではなく、指導法も習得した方が講師になるのです。こういったあたりも、子供達のやる気を引き出せる理由なのではと思います。

英会話教室のレッスン内容と評価は?

何度か英会話教室のレッスンに参観させていただきましたが、必要なカリキュラムを設けつつ、単なる座学ではなくアクティビティ(身体を動かす)なレッスンが子供を飽きさせない工夫が高評価です。

他の英会話教室を見たときは、眠たそうにしている子やぼーっとしている子が散見されました。これは仕方ないと思います。新しい言語の習得はそれだけで脳をフル回転します。ひとたび遅れを取れば、いまどこまでレッスンが進んでいるのかを探すのも困難で、脳が酸欠状態になりぼーっとしてしまうのです。

一方で、シェーン英会話の場合、英単語を1つ言ったらボールを隣の人にパスしていったり、プレイングカードを使ったり、人形を使ったり、立って身体を動かしたりと、とにかくアクティブなのが特徴です。子供たちは、ぼーっとしたり、寝ている暇などないのです。体育の授業中寝ている子供がいないのと同じです。英語を身体をつかって習得するという印象です。

レッスン内容的には、

  1. 挨拶
  2. アルファベットと発音
  3. フレーズ練習
  4. リスニング(ヒアリング)
  5. 講師と短い英会話練習
  6. ライティング

といった流れで、とにかく子供に英語をしゃべらせます。しゃべって、しゃべってしゃべりまくるといった印象。そして、同じことを何度も何度も反復レッスンします。発音の違いはすぐに指摘し、正しい発音になるまでこれも何度も発声させます。

こういうと、一見厳しそうなレッスンですが、ボールやカードや遊びをおりまぜながらレッスンは進んでいきますので子供は常に楽しそうで、教室の外の待合室まで笑い声が聞こえてくるほどです。

また、講師はレッスン中英語しか話しません。日本人講師の場合、わからない子供に対して日本語でフォローをしてくれることもあるかと思います。

これに関してはその方が安心という親御さんもいらっしゃるかと思いますが、私はシェーン英会話のやり方に賛成です。

というのも、わからなければ日本語で聞けば良いと言う一種の「甘え」が、子供の英語脳への道を遠ざけると考えるからです。

英語習得の最短ルートは、英語を話せなければ生きていけないという環境に身を置くことだと言われています。

「講師が英語しか話さない」という事実は、子供もわからないことがあった時に「英語で質問するしかない」と追い込むことであり、それによりぐるぐると頭で考えます。なんとかしようとします。この瞬間こそが、語学を上達させるチャンスなのだと考えます。

宿題(homework)は多いのか?

宿題は少ないです。

出ても2、3問。絵を見て「○」「✔︎」をつけたり、リスニングをして正しい方を選んだりする程度のもので、親の負担はほぼありませんので安心してください。

家庭学習用コンテンツは充実しているのか?

家庭学習用コンテンツの充実度は他の教室と同じか、やや少ないかと思います。

「reading oceans」という、絵本を使ったリスニング学習のアプリがありますが、正直まあまあです。

ですから、私はネイティブ講師が行なっているYouTube動画などを家庭学習用コンテンツを充実させています。

シェーン英会話で使っているテキスト「Wow!」に携わっている講師の海外YouTube動画などもあるので試してみると良いと思います。

スポンサーリンク

シェーン英会話八王子校を口コミ・評判まとめ|子供を実際に通わせてみた結果

ということで子供を実際にシェーン英会話に通わせてみた口コミ・評判をまとめます。

  • 子供を引きつける仕組みがあり、数ヶ月経った今も子供はやる気がある
  • 結果、英語を懸命に習得しようと子供自身が前向きに努力している
  • ネイティブの発音と指導力を身につけた講師の評価が高い
  • 子供にひたすらしゃべらせるレッスン
  • 座学よりは身体を動かしながらのアクティブなレッスンが子供が飽きないポイント
  • レッスン中講師は英語しか話さないがこれをどう受け止めるかは親の判断
  • 発音は間違いなく成長する
  • 数ヶ月ではまだまだ英会話と言えるレベルにはなっていない
  • 親の負担はほぼない。ただし、送り迎え・教室への通いやすさは要検討

といったあたりになります。

結論から言えば、おおむねどころか大満足です。

とはいえ、英会話教室はたくさんあり、ネットで人気や評価の高い教室だけをならべても↓

 

 

など多いです。

専門家の評価がダントツで高い「ペッピーキッズクラブ」「ベルリッツ・キッズ」も気になったのですが、私の住む街、東京都八王子市にはアクセスのいい教室がなく断念しました。

そこまで極端な数があるわけではないので、無料体験レッスンはいくつか受けてみて、私のように子供が気に入った教室を選ぶというのもおすすめです。

将来を大きく変えるかもしれない英会話の能力。これを機に検討してみてはいかがでしょうか?私は胸を張って「シェーン英会話」をおすすめします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました