【簡単・節約晩ご飯】献立はスーパーで考える(逆引きレシピ19)

シェアする

皆さんこんばんは。おちパパ日記です。こちらの記事ではタイトルにあるように、

簡単・節約晩ご飯 献立はスーパーで考える

をテーマに、節約晩ごはんのメニューを紹介していきたいと思います。

毎回記事の後半で、奥様が旦那様に言うべき「効果的な捨て台詞」も載せていますので是非お付き合いください。

旦那様を一撃で仕留めることができる、殺傷能力の高い捨てセリフです。

コンセプトは、

安い(一人200円ぐらい)
そこそこ旨い
お腹いっぱいになる
すぐ出来る(スーパーは、カット済みや調理済み食材多数。これを生かします)

というものです。

なんで安いかというと、単純です。スーパーに行って、安いものや割引になっている商品と、家の冷蔵庫の中身から今日の献立を考えるからです。

いわゆる逆引きレシピです。あらかじめ今日は何にしようかなって献立を考えてからスーパーに行ったら、値段に関係なく必要な食材を買っちゃいますよね?例えそれが、安くなくても、旬じゃなくても。

けれどもスーパーの食材は

旬のものが安い
在庫を抱えているものが安い
なのに、レシピ本を読んでこれにしようと決めてからスーパーに行くから気づかぬうちに安くもないものを買ってしまっているんです。旬に心得のある方ならこの時期はこれが安いとスーパーに行く前からわかるかもしれませんが、それはごくわずかの方でしょうし、スーパーの在庫まで把握している方はいないと思います。
だから、
節約するなら献立はスーパーで考えるのが一番
なんです。

ちなみに私の家族は、夫婦と娘1人なので、だいたい(200円×3人)600円です。

ポイントはだいたいです。

なんで大体かと申しますと、

1回の買物で得た食材を、その1食だけで使うわけじゃない

からです。後日に流用することや、必ずしもその1食で食べきらない(味噌汁や多めに作った鍋など)料理があるからです。あと、細かくやってたらこんなこと続かないからです(笑)

ちなみに、買い物、調理から盛り付けまで、すべて私おちパパがやっています。

そしてこの記事に向いている方は、

  • 料理が苦手、面倒くさい
  • 節約をしたい(特に食費)
  • 料理は好きだが時間がない
  • レシピを見るのが面倒くさい。ざっくり教えろ。
  • さっさとご飯を食べたい
  • 料理はそこそこ旨ければいい
  • 見た目は普通でいい
  • お腹がいっぱいになればいい

そんな方にオススメです。逆に、食に対して全力で、味覚に厳しい方や、インスタで毎日晩御飯を更新しているような見た目重視の晩御飯を希望する方は残念ですがこの記事は不向きです。

さて、それではさっそく本日も参りましょう。

スポンサーリンク

今回の買い物(すべて使わない場合もあります。)

ちなみに私は、いつも天下のスーパーアルプス様やクリエイトSD様を利用します。

鶏肉、玉ねぎ、青梗菜、豆腐、しめじ、人参、味噌豚ロース

  • しめじ       89円
  • 玉ねぎ      100円
  • 人参        69円
  • チンゲン菜     49円
  • 鶏肉        72円
  • 豆腐        99円
  • 豚ロース味噌漬け 124円

豊作だぞー。玉ねぎ3個で100円ですよ!やっほい。でも、足が早いから急いで使わないと。鶏肉も表示からさらに半額で、146gで72円安!!そして極めつけが豚ロース味噌漬けがなんと124円。とんでもねえ。味付けまでしていただいで、時間短縮になります。ありがとう、スーパーアルプス。

こんなのもありましたので追加発注。

焼き魚3種

魚3種入って278円。1尾100円切り。冷凍もできるし。夜に私のおつまみにもできるし。ということで購入。

本日使う食材(すでに冷蔵庫にあるものも含む)

  • 卵(2/6)       128円   →   43円
  • チンゲン菜(全部)   49円    →    49円
  • しめじ(1/2)      89円   →     45円
  • 鶏肉(全部)         72円   →    72円
  • 豚味噌漬け(全部)   124円   →  124円
  • 干物3種(1/3)    278円    →     93円
  • 豆腐(1/3)         99円  →   33円
  • 玉ねぎ(1/6)   100円  →   17円

合計 476円

476円!やっほい!やっほい!

安いですね。お肉たっぷり品数豊富に一人150円。今回はちょっと味付けの手間はありますが、いつもの煮物の黄金比、水100mlに大さじ1:1:1:1の簡単調理だから大丈夫。

まずはそんな献立をご覧ください。

本日の献立

鶏肉とチンゲン菜としめじの親子丼風        
豚ロース味噌漬焼       金山寺味噌で贅沢に漬けた豚ロース焼き
ホッケ干物          太陽をいっぱい吸い込んだおいしいホッケ干物
豆腐と玉ねぎの味噌汁     お袋、味噌汁もう一杯

簡単な調理手順(調理時間は20分程度。仕込み不要)

  1. 鍋にお湯を沸かす。(味噌汁用)
  2. 豆腐、玉ねぎを食べやすい大きさにカットし、鍋に投入。
  3. ホッケをグリルに入れて焼く。
  4. 水100ml、砂糖、醤油、みりん、酒を大さじ1ずつを混ぜ、親子丼用の鍋に投入しさらにささっとほんだしを投入。加熱。
  5. さらに、鶏肉、チンゲン菜、しめじを投入し火を通す。
  6. 味噌汁鍋のお湯が沸騰したら、火を弱め、ほんだし、味噌を投入。
  7. 煮えてきたら、卵2個を溶いてその上にゆっくり回し入れる。(弱火)
  8. フライパンに油をひき、豚ロース味噌漬けを焼く。
  9. ホッケ焦げてないかチェック。全て火が通ったら盛り付けて完成。
親子丼の煮汁の量は材料の量によって調整。材料が全て浸る少し下くらいが目安
ホッケを焦がしてしまった!

完成写真

鶏としめじとチンゲン菜の卵とじ、ほっけ焼、豚ロース味噌焼き、豆腐と玉ねぎの味噌汁

コメント

ホッケを焦がしてしまった!やっほい。親子丼風は味は安定の美味しさです。卵が苦手な娘がしっかり食べてくれました。豚ロースはさすがの金山寺味噌。値段は40%引きでも味は据え置き。ただ、焼くときに味噌がめっちゃ飛び散る。鼻の頭に飛んできて、火傷寸前でした。

もしも旦那様が、「すごく美味しかった。ありがとう。ちょっとお酒でも飲みながらゆっくりしようかな。」と言ってきたら、催眠術師のように「いまから3つ数えると、おまえはさっさと風呂に入って寝たくなります。3、2、1」パチンッ!と、指を鳴らして喧嘩を売ってやりましょう。

料理写真の見た目を良くする為に、Photoshopという天才的なソフトがあり、しかも私はそれを操作する技術を得ていますが、この記事では敢えて使っていません。だってサイト上だけ美味しそうに写真を加工したって、食卓に並べば結局バレます。あれっ?てなります。この記事はあくまで、リアルにしか目を向けていません。なんなら、実物の方が写真より見た目が良いです。そのぐらいが丁度良い。

ちょっと、あたし買い物行く暇すらないんだけど!

嘘でしょ?マジすか?めっちゃ頑張り屋さんじゃないですか。いつもいつもお疲れさまです。大丈夫、時代は便利になりました。味方っているんですね。通販で取り寄せましょう。

通販で、安くて便利は良いけれど、家族が口にするもの。だから生協の【co-opdeli】が安心。おちパパは食の安全だけはぜーーーーーったいに妥協しません。
しかも、子育て割引で送料無料!めちゃくちゃ良いですよね!!

パパもママも浮いたお金で自分磨き

ちなみに私はパパザップ中(ノウハウだけ勉強してタダで勝手に一人ライザップ中)なので、写真をよく見るとほぼ白ご飯は二人分しか置いてない。炭水化物を摂るとトレーナー(架空人物)に怒られますので。最近やっと効果が出てきてテンション上がり気味のおちパパです。

で、パパは自分で頑張れば?ってことで。おちパパ記事(自力でダイエット編)も読んでみてください。

そして、ママはエステ行っちゃう(笑)いや、だって食費浮かしたんだから良いじゃん。でも、最近美容業界も怖いから、やっぱり大手のエルセーヌとかは安心ですよね。ホントね、痩せるって、テンション上がりますよ?