【GameSir VX2】フォートナイトを手軽にキーボード&マウスでプレイ

5.0

こんにちは。

今回は、オンラインゲーム「フォートナイト」を手軽にキーボード&マウスでプレイできる「GameSir VX2 AimSwitch」についてレビュー・口コミをしていきたいと思います。

→フォートナイトの「エイムが良くなる設定」をチェック!

スポンサーリンク




フォートナイトはキーボード&マウスが有利

フォートナイト タイトル画像

躍進を続けるオンラインゲーム「フォートナイト」は、

  • PC(現在Macはアップルがデバイスからアクセスをブロック中)
  • スマホ(現在iosはアップルがデバイスからアクセスをブロック中)
  • ニンテンドースイッチ
  • PlayStation
  • Xbox

など、さまざまなデバイスでプレイできます。ゲームとしてシンプルに楽しむならどんなデバイスでも十分です。

しかし、「勝つ」ということにこだわると圧倒的にPCです。それには「CPU」「FPS」「グラフィックボード」「建築が楽」など様々な要因がありますが、それよりもなによりも「エイム」です。

近くの敵へのショットガンなら大差ありませんが、遠くに小さく見える敵にアサルトライフルを当てるシチュエーションでは、圧倒的にPCのマウスが有利です。

当然、プロゲーマーや大会で結果を出す方たちのほとんどがPC(キーボード&マウス、キーマウ)です。

2020年のフォートナイト高校生大会「STAGE:0」において、N高HYGのChocoluv選手とびおら選手のデュオが圧倒的強さで優勝しましたが、その「Chocoluv選手」は大会唯一のゲームパッドプレイヤーでした。これは異例中の異例で、キーマウ勢に一矢報いた伝説だと思います。

少し話がそれましたが、それほどにPC(キーボード&マウス、キーマウ)でのプレイはフォートナイトというゲームにおいてアドバンテージとなるのです。

だから多くの人が、できれば「キーマウ」にしたいなと考えるわけですが、これがまた敷居が高い。

ニンテンドースイッチやPlayStationでフォートナイトをプレイしている子供から「パパ、私もキーボードとマウスでやってみたい」と言われ、困ってしまった親御さんも多いのではないでしょうか(※そもそもフォートナイトの年齢制限は15歳以上なんですが)。

大人だってわざわざゲーム用のPCを買うのは悩むのに、子供のゲームにパソコンまで買い与えるのはなかなか。

ゲーム機でもキーボード&マウスでフォートナイトをプレイする方法

ということでそろそろ本題に行きましょう。

パソコンを買わなくても、今のゲーム機でフォートナイトをキーボード&マウスでプレイする方法があるのです。

その商品が「GameSir VX2 AimSwitch」です。

Amazonはこちら↓

このGameSir VX2 AimSwitchを今のゲーム機に接続するだけで、すぐにフォートナイトをキーマウでプレイできるようになります。もちろん私は速攻で買いました。

なおこちらの商品には前作「GameSir VX」というものがあります。

「価格が半額程度なのでこちらでも」と悩みましたが、「VX2」の方はキーボード右下にジョイスティックがあり、これが「十字キー」に対応し便利だということで「GameSir VX2 AimSwitch」に決定しました。

GameSir VX2 AimSwitch ジョイスティック

ではこの画期的なアイテムを次の項目で詳しく紹介していきます。

GameSir VX2 AimSwitchとは

GameSir VX2 AimSwitchを詳しく紹介していきます。

形やサイズ|GameSir VX2

まずはキーボードの形状が特徴的です。

GameSir VX2 AimSwitch  スペックなど

通常のキーボードの1/3ほどの大きさなんですが、実はこれゲームで使用する部分だけを残した形状なんです。大人の片手よりやや大きい程度。

だから場所を取らないというメリットがあります。

通常、PCでキーボードとマウスでプレイしようとすると、けっこうなスペースが必要です。しかしこれなら、小さめのテーブルなどでも十分楽しむことができます。

対応機種|GameSir VX2

気になる対応機種は、

  • PS4/PS4slim/PS4Pro
  • Switch
  • Switch Lite
  • Xbox One/Xbox One S/Xbox One X
  • Windows PC(Windows 7以降8.10)

など幅広く対応します。

ですから、今はswitchで使うけれど、いずれPlayStationに乗り換えようという方にも安心です。

最新のPS5との互換性や対応情報がないのが残念ですが、接続形式がそこまで複雑ではないので、私は使えるのではと思っています。※PS5が手に入り次第、こちらで情報を公開します。

→2021年1月14日追記:私のPS5で試したところ、問題なく動作することを確認できました。なお、PS4の接続はコントローラーと「GameSir Agility X 2.4GHzドングル」を接続していましたが、PS5は接続せず(PS5本体との接続のみ)にペアリングが可能でした。

パッケージ内容|GameSir VX2

パッケージ内容|GameSir VX2

パッケージ内容は、写真の3点

  • GameSir VX2 AimSwitch
  • GameSir GM400ゲーミングマウス
  • GameSir Agility X 2.4GHzドングル

と、USBケーブル1m(充電/Type-C端子)です。

接続方法|GameSir VX2

続いて接続方法です。今回は、ニンテンドーswitch/TVモードの例です。

公式サイトに画像がなかったので、我が家の説明書を撮影しました↓

接続方法|GameSir VX2

switch側は「設定」→「コントローラーとセンサー」→「Proコントローラーの有線通信をオン」にします。

GameSir VX2側は、キーボードの電源を入れ、↑のようにswitchのドッグのUSBポートに「GameSir Agility X 2.4GHzドングル」を差し込み、「A」「D」キーを押すだけです。

一度ペアリングをしてしまえば、以降はswitchの設定画面「コントローラー(持ち方/順番を変える)」で「LとR(対応するキー)」を同時押しで、他のコントローラーと同じように接続が可能です。

本当に、あっという間に簡単に接続が可能です。

GameSir VX2 接続方法

switchのドッグにはUSBポートが2つあるので、もう一つは付属のUSBケーブルをさせば、キーボードの充電ケーブルとして使用可能になります。

switchのボタンに対応するキー配列|GameSir VX2

switchのそれぞれに対応するキー配列も紹介します。

switchでの対応キー配置|GameSir VX2

「W,A,S,D」キーは「上、左、下、右」に対応、その外は赤い文字がそのままswitchのコントローラーのボタンに対応します。

右クリックで「照準」、左クリックで「攻撃/建築」となります。

もちろん、フォートナイトの設定から好みのキー配置に変更することが可能です。その際は、switchのコントローラーをイメージしながら変更する必要があります。また、ボタン配置は専用アプリを使っても変更が可能です。

PCとswitchをGameSir VX2 AimSwitchでプレイする場合の違い

PCとの大きな違いは、キーボード&マウスでプレイしていますが、あくまでswitchでプレイをしているということです。

具体的な例を挙げれば、

  • 「建築」をするには「建築モード」への切り替えが必要
  • 武器などそれぞれのインベントリをボタン指定できない

といったあたりです。

例えば、単純に「壁」を建築するにしても、

  • PCは「壁」建築対応ボタンを押して「左クリック」で建築
  • switchは「建築モード切り替え」ボタンを押して「壁」ボタン

という違いがあります。

ゲーム機でGameSir VX2 AimSwitchでプレイする際にやっておきたい設定

次にswitchやPSなどのゲーム機で、GameSir VX2 AimSwitchを使う際のフォートナイトの設定を紹介します。

必須ではありませんが、やっておくとよりPCに操作感が近づきます。

GameSir VX2 AimSwitchを使う際のフォートナイトの設定

ゲーム機コントローラー用の設定、主にスティック操作向きの設定などを変更します。変更する際には、アドバンスオプションの使用を「オン」にして、

  • 視点の鈍化時間→0秒
  • 視点入力の曲線→等速的な視点移動
  • 移動スティックと視点スティックのデッドゾーン→一番小さく

などのほか、マウスにすることで感覚がかわるので「視点スピード」「ADS視点のスピード」なども自分用に微調整をしましょう。

また、付属の「GameSir GM400ゲーミングマウス」は、PixArt製の光学センサー「PMW3360」を搭載していて、DPIは7レベル(400/800/1600/2400/3200/6400/12000)で調整が可能です。

GameSir GM400ゲーミングマウス 設定

DPIとは、簡単に言えば「マウスを動かした時にカーソルがどれだけ動くか」というもので、数字が大きければそれだけ大きく動きます。デフォルトは1600ですが、プロゲーマーさんの情報をみると、概ね800程度に設定している方が多いです。

GameSir VX2 AimSwitchを口コミ・評価

GameSir VX2の口コミ・評価

最後に、GameSir VX2 AimSwitchを実際に使った感想を、口コミ・評価としてまとめさせていただきます。

注意点

まずは注意点に関してですが、前述のとおりキーボード&マウスではありますが、実際のPCとは操作が違う部分があるということ。

もう一つが、フェアなプレイのためにも「エイムアシスト」は無効にすべきだということです。マウスによってただでさえエイムが良くなっているのに「エイムアシスト」まで有効にしてしまうと、神エイムの無双状態になってしまいます。

フォートナイトにおいてゲーム機でキーボード&マウスのアイテムを使うことはポリシー違反にならないでしょうか?と担当に問い合わせた記事を読むに「特に禁止も許可もいたしません。ただ、それが原因でアカウントに何かあっても自己責任でお願いします」といった回答が得られました。上記にあるような、マウス&エイムアシストで超神エイム無双するようなことがあれば、他のプレイヤーが怒って通報するかもしれません。だからこそ、フェアなプレイのためにもエイムアシストはオフにして楽しみましょう。

操作感

操作感に関しては非常にスムーズで、遅延なども感じることなくプレイできました。ただ、switchのコントローラーの感度設定のままではマウスの動きに画面がついていけないので、感度設定の見直しが必要でした。マウスのすべりもスムーズで軽量、ストレスも疲労感もありません。

エイム

エイムに関しては文句なしで良くなりました。アサルトライフルで遠くの敵を狙う際にも面白いほどあたります。スナイパーライフルなどスコープを覗くような場合のエイムも良くなり、自信をもって迷いなくプレイができます。

また、スペースキーでジャンプとなるため、ジャンプしながらのエイムも楽。ジャンプ中のヘッドショットも狙えます。

建築

建築に関しても、急いでいるシーンでの編集は微妙な場所を選択するので、ジョイコンでは厳しかったのですが、ほぼミスなしで選択できるようになりました。

フォートナイトをゲーム機でもキーボード&マウスでプレイするならGameSir VX2 AimSwitch

ということで、自信をもってGameSir VX2 AimSwitchをおすすめさせていただきます。一度このエイムの良さを味わうと、正直switchなどのゲームパッドにはもどれません。

敷居の高いPCに移行するか悩んでいる方、子供にキーボード&マウスをやってみたいなとせがまれている親御さん、1万円強で手に入る「GameSir VX2 AimSwitch」がおすすめです。ぜひ、お試しあれ。

Amazonはこちら↓

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました