【子供におすすめのスケート場】スケート教室や初心者の心得まとめ

【子供におすすめのスケート場】スケート教室や初心者の心得まとめ

フィギュアスケートの人気がますます上昇する中、小さい頃からスケートに興味を持つ子供、そして親が増えている様です。

子供にスケートを体験させてあげたいけれど、あれ?よく考えたらスケートって身近なようで、子供と一緒となるとなにから準備したらいいのか、どこのスケート場がいいのか全くわからない。

ということで、子供におすすめのスケート場を、素朴な疑問から心得まで合わせてまとめましたのでお役立てください。

スポンサーリンク

子供とスケートで良くある質問

まずは不安を解決しましょう。小さな疑問や質問をまとめました。

スケートは子供は何歳から滑れるの?

そもそもスケートって何歳からできるのでしょうか?大人でも難しいのに子供ってどのくらいから滑れるの?スケート教室の対象年齢を見ると、多くが4歳からというところが多いので、一人で楽しむことができるのは4歳頃からと思って良いでしょう。ただ、補助をしてあげたり、器具を使ったりすれば、2歳からでも楽しめると思います。

私の娘は3歳の時は怖がって滑ろうともしませんでしたが、4歳後半で自分から滑りたがり、上手ではないながらも滑っていました。

本田真凛ちゃんは2歳から、浅田真央選手は5歳から始めたようです。詳しくはこちら↓

スケートの時の子供の服装は?

スケート子供の服装

基本の心得は長袖長ズボンです。

スケートリンク内は寒いので防寒対策としても重要なのですが、何よりも肌の露出を少しでも減らし、怪我への対策のためです。また、スケート靴と直接接すると痛いので、靴より長いハイソックスにしてあげるとより◎。滑っていると体が温まり暑くなってくるので、脱ぎ着しやすい薄手のフリースやダウンジャケットが運動しやすさもあり便利です。防寒の為とはいえ、あまりに厚手の服はかえって不便ですので避けましょう。

リンク内は寒いけれど、運動すると暑くなるということをポイントに、肌の露出のないものを選びましょう。

親子コーデブランドRockaバナーリンク

スケートには何を持っていけばいい?

  • 手袋
  • ズボンの着替え
  • 靴下の替え
  • ニット帽
  • 絆創膏
  • カイロ

まず必ず持って行きたいのが手袋です。防寒の意味と、リンクに手をついたときの怪我予防(手をつくだけで手を切ることがあります。)の役割、それから、リンク内でスケート靴の紐がほどけてしまったときに、手袋をスケート靴の下に敷くと滑り防止になり、安全に靴紐を結び直せます。

スケート靴

ズボンの替えは、あるとほんとに助かります。どうしても最初のうちは転んでしまったり、膝をついてしまったりします。するとそこからどんどん濡れて行ってしまいます。帰りに着替えさせてあげるためにも是非替えのズボンは持って行きましょう。靴下も同様です。

ニット帽は、ヘルメットをレンタルするならいいのですが、頭を守るためにも持っていくと便利です。また、滑らない時は冷えてきますので防寒としてもっていると便利です。

思わぬ怪我があるので絆創膏があるといいです。また、お腹などが冷えないようにカイロがあってもいいです。

レンタルスケート靴は何㎝からある?

子供のレンタルのスケート靴はもちろんスケート場によって違いますが、15㎝位から用意されているのが一般的です。スケート場に行く前に確認しましょう。靴のサイズからも、やはり3歳くらいがスタートの目安といえるでしょう。

また、ここ数年では2枚刃のスケート靴も人気です。1枚刃のスケート靴に比べてバランスが取りやすく安定します。

二枚刃のスケート靴子供とスケートリンクで遊ぶ

スケートで怪我をしにくい転び方テクニックは?

なるべく状態を低くして転ぶのが衝撃が少なく済みます。危ないと思ったら、状態を低く、座るようにして転ぶと良いでしょう。理想は横に転びます。前に転ぶと手や膝を、後ろに転ぶと頭を打つ可能性がありますので、できるだけ横に転びましょう。

スケート転び方

スケートリンクでのマナーは?

基本的にスケートリンクには滑る方向があります。しっかりと方向を教えてあげて、逆走をしないようにしましょう。また、転んだ後はすぐに立ち上がることも、自分だけでなく周囲の人の安全につながります。

スケート教室は必要?

スケート教室は、どこまで本気でやるか次第だと思います。楽しむだけなら補助の器具を使って自然に覚えるのを待てばいいですし、本格的に始めるまでではないにせよ上手になって楽しませたいなら体験レッスンを1、2度受講させてあげてもいいと思います。また、上手な転び方を教えてくれるのもレッスンの良いところ。我が子が怪我をしないためにもレッスンは無駄ではありません。

スケート教室の一番良いところは、先生がスケートの「楽しさ」を教えるのが上手だということ。いくら上手に滑れる親でも、スパルタになって教えたり、教え方が下手だと子供は興味を持つどころか嫌いになってしまいます。そういった意味では、多少料金はかかりますがスタートダッシュだと思ってスケート教室を受けるべきだと考えます。

通年やってる子供におすすめスケート場(東京都近郊)

近くにスケート場があっても、年中やってるスケートリンクは少ないもの。ということで、夏でもやってる、いわゆる一年中やっていて、かつ子供向けの設備が整っているスケートリンクをまとめました。本格的に子供にスケートの習い事をさせるなら、年中やっていなきゃしょうがないですからね。

横浜銀行アイスアリーナ

横浜銀行アイスアリーナ子供におすすめスケートリンク

スケート料金は?

  • 大人    1800円
  • 中学生以下 1300円
  • 付添い   300円(中学生以下無料)

子供の貸し靴サイズは何㎝から?

15㎝〜

子供向けスケート教室:横浜銀行アイスアリーナ

わくわく幼児体験教室:60分700円(毎月2回水曜日)

子供のスケート教室

子供におすすめポイント:横浜銀行アイスアリーナ

メインリンクの隣にサブリンクがあり、初心者向けになっている。手すりの高さが低く設定されていて、小さなお子さんでも手すりにしっかりつかまりながら滑り練習ができる。子供の年齢制限もなく、スケート靴のサイズさえ合えば誰でも入場可能です。通年やっているスケート場なので、上手なスケーターも利用していることが多く、見る練習にもなる。毎週土日祝日は無料レッスン(30分)が3回開催され、簡単な滑り方や上手な転び方を教えてもらえます。

基本情報:横浜銀行アイスアリーナ

  • 住所:  神奈川区広台太田町1-1
  • 電話:  045-411-8008
  • 営業時間:10:00−18:30
  • アクセス:JR東神奈川駅から徒歩5分

アクアリンクちば

アクアリンクちば子供におすすめスケートリンク

スケート料金は?

  • 大人    1300円
  • 小中学生  1000円
  • 幼児     700円(中学生以下無料)

子供の貸し靴サイズは何㎝から?

15㎝〜

2枚刃スケート靴あり(15㎝〜20㎝)

子供向けスケート教室:アクアリンクちば

未就学児向けスケート教室:60分700円(毎月4回木・土曜日:5400円/月)

子供におすすめポイント:アクアリンクちば

子供向けの無料レンタルが豊富でありがたい。ヘルメットはもちろんの事、ひじ当て、膝当ても無料でレンタル。他にも、後ろから押してサポートできる椅子型のソリ(30分300円)もあるので、初めての子供のスケート練習にはいい環境。
スケート補助ソリ

基本情報:アクアリンクちば

  • 住所:  美浜区新港224-1
  • 電話:  043-204-7283
  • 営業時間:9:00−20:00(土〜火と祝日は9:00−18:00)
  • アクセス:JR稲毛駅からアクアリンクちば行きのバスに乗車

ダイドードリンコアイスアリーナ

ダイドードリンコアイスアリーナ子供におすすめスケートリンク

スケート料金は?

  • 大人     1800円
  • 中学生以下  1000円
  • 付き添い    300円

子供の貸し靴サイズは何㎝から?

15㎝〜

2枚刃スケート靴あり(15㎝〜)

子供向けスケート教室:ダイドードリンコアイスアリーナ

大人・子供向けスケート教室:(毎月4回日曜日:6690円/月)

4歳〜小一向けスケート教室:(毎月4回平日:8230円/月)

子供におすすめポイント:ダイドードリンコアイスアリーナ

アイスホッケーやフィギュアスケートの大会が開催される本格スケート場で、滑るだけで気分はプロ。プロのスケーターたちが滑ったリンクで午後の時間帯限定で利用出来る。とはいえ、初心者向けの設備も充実していて、2枚刃で安定感のあるスケート靴や、椅子型のソリ(30分500円)もレンタル可能。まだまだ初心者でスケートリンクの上を歩くのも大変という段階でも安心して練習ができます。

基本情報:ダイドードリンコアイスアリーナ

  • 住所:  西東京市東伏見3-1-25
  • 電話:  042-467-7171
  • 営業時間:14:00−18:00
  • アクセス:JR東伏見駅から徒歩1分

神宮外苑アイススケート場

神宮外苑アイススケート場子供におすすめスケートリンク

スケート料金は?

  • 大人     1850円
  • 中学生以下  1440円
  • 付き添い    300円

子供の貸し靴サイズは何㎝から?

15㎝〜

子供向けスケート教室:神宮外苑アイススケート場

4歳〜初心者体験教室:(45分:3400円)

子供におすすめポイント:神宮外苑アイススケート場

世界大会規格のスケートリンクで、本格的かつ老舗のアクセス抜群の都心駅近スケートリンク。4歳からのスケート教室だけでなく、親子やファミリー向け教室も充実していて、初めてのスケート体験にはもってこいのスケートリンクです。

基本情報:神宮外苑アイススケート場

  • 住所:  新宿区霞ケ丘町11-1
  • 電話:  03-3403-3458
  • 営業時間:10:00−18:00
  • アクセス:地下鉄国立競技場駅から徒歩1分

シチズンプラザアイススケートリンク

シチズンプラザアイススケートリンク子供におすすめスケートリンク

スケート料金は?

  • 大人     1860円
  • 中学生以下  1340円
  • 付き添い    400円

子供の貸し靴サイズは何㎝から?

16㎝〜

子供向けスケート教室:シチズンプラザアイススケートリンク

5歳〜冬休み短期教室:(6400円/2日間)

幼児向け教室:(毎月4回:7400円/月)

子供におすすめポイント:シチズンプラザアイススケートリンク

ボーリングやテニスなどその他の総合エンターテイメントも楽しめる施設に設置されているスケートリンク。専任スタッフが教える幼児教室が評判で年少さんから参加OK。万が一遊びに行ってスケートを断念してしまっても、他のレジャーが揃っているので、デビューには安心のスケート場。

基本情報:シチズンプラザアイススケートリンク

  • 住所:  新宿区高田馬場4-29-27
  • 電話:  03-3371-0910
  • 営業時間:12:00−19:45(日・祝日は18:30まで)
  • アクセス:JR高田馬場駅から徒歩7分

冬季限定子供におすすめスケート場(東京都近郊)

年中やっていなくても、ちょっと冬の時期だけ試しに子供にスケートデビューさせたいだけなら、もっと近場にもスケート場はありますよ。冬季限定ですが、子供におすすめでいろんなイベントもやっているスケート場をまとめました。まずはスケートを楽しむことから始めましょう。

東京スカイツリータウン

場所:東京都墨田区押上

期間:2018年1/4-3/11

東京スカイツリーのスケートリンクは、小学生未満専用のプラスチック製リンク「キッズリンク」があるので安心。さらに雪遊びコーナーでは、スケートリンクの雪を利用した遊びができる。初心者向けレッスン(10分500円あり)

としまえん-屋外アイススケートリンク-

場所:東京都練馬区向山

期間:2017年12/9-2018年2/28

としまえんのど真ん中にあるスケートリンクで、パーク内を眺めながらスケートができる。夜にはイルミネーションも輝き最高のロケーションに。

江戸川区スポーツランドスケートリンク

場所:東京都江戸川区東篠崎

期間:2018年5/31まで

江戸川区スポーツランドスケートリンクは、公共施設なので料金が安く、大人820円、小中学生420円、未就学児210円。さらに無料レッスンもあすのでデビュー向け。

銀河アリーナスケート場

場所:神奈川県相模原市中央区

期間:2018年5/6まで

銀河アリーナスケート場は屋内スケート場なので天候を心配しなくていいのがありがたい上に、子供用の手すりが低いスケートリンクも用意されている。未就学児向けのスケート教室もあります。

横浜こどもの国スケート場

場所:神奈川県横浜市青葉区

期間:2017年12/16-2018年2/25

横浜こどもの国はスケートリンクだけじゃなく、他の施設も充実しているので、1日かけて遊びに行った際にスケートもたのしみたい。

横浜赤レンガ倉庫-アートリンクin横浜レンガ倉庫-

場所:神奈川県横浜市中区

期間:2017年12/2-2018年2/18

みなとみらいの風景を眺めながらスケートを楽しめる。冬季は赤レンガのイルミネーションも綺麗で、クリスマスマーケットもある。冬のイベントがなにかと揃った赤レンガ倉庫で子供と一緒にスケートを楽しめる。

アリオ亀有-わくわくアイスワールド-

場所:東京都葛飾区亀有

期間:2017年11/25-2018年2/25

アリオ亀有のわくわくアイスワールドは、ファミリーで楽しめる期間限定のスケートリンク。今年から面積を拡大して屋外に登場。夜はイルミネーションが輝き、子供とのいい思い出が作れそう。

赤坂サカス-white sacas-

場所:東京都墨田区押上

期間:2017年11/23-2018年2/25

毎年お馴染みとなった冬の恒例イベント赤坂サカスのwhite sacas。幼児スケート教室もあり、冬季期間ならではのイルミネーションも楽しめる。家族で楽しみたいスケートリンク。

姉崎公園姉崎スケート場

場所:千葉県市原市姉崎海岸

期間:2017年12/1-2018年2/28

姉崎公園のスケートリンクは、公園内にある流れるプールを、冬の期間はスケートリンクに衣替え。5歳以上対象のスケート教室も毎週日曜日に先着開催(12月から1月まで)されている。とにかく広い150mのスケートリンクを満喫しよう。

沼影公園アイススケートリンク

場所:埼玉県さいたま市南区

期間:2017年12/16−2018年2/18

沼影公園のリンクもプールを活用したスケートリンク。さいたま市の施設なので料金の安さも魅力。子供にちょっと試させるにはぴったり。夜間にはリンク内が彩られるイベントも開催。

東京ミッドタウン-三井不動産アイスリンク-

場所:東京都港区赤坂

期間:2018年の1/5−3/4

東京ミッドタウン、六本木のど真ん中に200人を収容する大きな屋外スケートリンクがオープン。六本木のビルを見上げながらのスケートはいつもと雰囲気が違って面白い。子供様のスケート教室も開催予定。

【子供におすすめのスケート場】スケート教室や初心者の心得まとめ

いかがだったでしょうか?これから子供をスケートデビューさせたいという方も、親子でスケートを楽しみたい方も、本格的にスケートの習い事をさせたいという方も、ぜひお役立ていただければ幸いです。なによりもまずは、子供に楽しんでもらうところから始めましょう。

「子供の写真たまってませんか?」

簡単・無料フォトブック作成アプリは、Fammがおすすめ!

親子コーデブランドRockaバナーリンク

スキーやスノーボードのデビューはこちらの記事↓

子供との室内遊びのネタに困ったらこちらの記事↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気急上昇中の関連記事