【簡単・節約晩ご飯】献立はスーパーで考える(キャベチャー、月見つくね、キャベツと人参と豆腐のみそ汁)

シェアする

皆さんこんばんは。

訳あってこのところセブンプレミアムの商品を食べ漁っているwので、久しぶりの更新になります。

相変わらずスーパーには安いものがごっそりです♪

こちらの記事ではタイトルにあるように、

簡単・節約晩ご飯 献立はスーパーで考える

をテーマに、節約晩ごはんのメニューを紹介していきたいと思います。

毎回記事の後半で、奥様が旦那様に言うべき「効果的な捨て台詞」も載せていますので是非お付き合いください。

旦那様を一撃で仕留めることができる、殺傷能力の高い捨てセリフです。

さて、このシリーズの記事のコンセプトは、

安い(一人200円ぐらい)
そこそこ旨い
お腹いっぱいになる
すぐ出来る(スーパーは、カット済みや調理済み食材多数。これを生かします)

というものです。

なんで安いかというと、単純です。

スーパーに行って、安いものや割引になっている商品と、家の冷蔵庫の中身から今日の献立を考えるからです。

いわゆる逆引きレシピです。

あらかじめ今日は何にしようかなって献立を考えてからスーパーに行ったら、値段に関係なく必要な食材を買っちゃいますよね?

だから、
節約するなら献立はスーパーで考えるのが一番
なんです。

ちなみに私の家族は、夫婦と娘1人なので、だいたい(200円×3人)600円です。

さて、それではさっそく本日も参りましょう。

スポンサーリンク

今回の買い物(すべて使わない場合もあります。)

ちなみに私は、いつも天下のスーパーアルプス様やクリエイトSD様を利用します。

チャーシュー、つくね、キャベツ

  • チャーシュー      178円
  • キャベツ         39円
  • 月見つくね       178円

まずはいつもの様に「見切り品コーナー」へ。ここは野菜やきのこが安くなっているので、ここにあるものから献立の候補をいくつか考えておく。そしてメインの献立探しに鮮魚コーナーや精肉コーナーへ向かう。

鮮魚は安いものなし。

スルーで精肉の方に向かうと、分厚いステーキが40%オフで600円!!安いねー。でも600円オーバーしちゃうのでスルー。我慢我慢。

そのまま横に進んでいったら、出会っちゃいました「チャーシュー切り落とし40%OFF178円。」よっしゃ。

さて、チャーシューをそのままってのも寂しいからな、どうしようか、、、ピーン!と閃き見切り品コーナーに戻って「キャベツ39円」ゲット。切れてるキャベツで時間短縮。時間もゲット♪

メインは決まったのでこのまま流してー、と思ったら、もう一ついいのみっけ!「月見つくね40%OFFで178円」

よし、

今日は超手抜き激安決定!!

ということで、今日の買い物終了〜。

本日使う食材(すでに冷蔵庫にあるものも含む)

  • チャーシュー(全部)  178円→  178
  • キャベツ(全部)     39円→   39円
  • 月見つくね(全部)   178円→ 178
  • サラダミックス(1/2)  98円→   49
  • プチトマト(2/9)     98円→   22
  • 豆腐(1/3)      98円→  33円
  • 人参(1/6)      69円→  12円

合計 511

超手抜きだけど、絶対に家族がよろこぶ511円やっほい!!

かなりラッキーでしたが、今日はざっと、なのになかなか豪華っぽい、しかも多分みんな大好きな献立で勝負です。

しかもほぼ包丁入らず。。。

ということでそんな今日の献立はこちら。

本日の献立

キャベチャー炒め       有名ラーメン店が生んだ奇跡のキャベチャー
緑黄色月見つくね       月に恋した鶏つくね〜緑黄色サラダ添え〜
キャベツと人参と豆腐のみそ汁 お袋!みそ汁もういっぱい

簡単な調理手順(調理時間は15分程度。仕込み不要)

  1. みそ汁用の鍋にお湯を沸かす。
  2. 人参と豆腐をカットし、ざく切りキャベツ適量とともに鍋に投入。
  3. 月見つくね用のさらにサラダミックスとトマトを盛り付けておく。
  4. 沸騰したら火をとめ、ほんだし、味噌を投入。
  5. フライパンにごま油を大さじ1、キャベツを投入し、しなっとするまで炒める。この時、ごま油の香りを楽しむ。
  6. ごま油お楽しみ中に、月見つくねをレンジに投入し加熱開始。
  7. フライパンにチャーシューを投入。チャーシューのタレの濃さをみながら、好みで味付け、盛り付。(私はオイスターソース小さじ1と、塩コショウにしました。)
  8. 月見つくねのレンジアップが完了したら、盛り付け、サラダにドレッシングをかけて完成。
キャベチャーの味付けにはマヨネーズと、ラー油を少々がオススメ。吉祥寺のラーメン屋、武蔵でさんざんお世話になりました。
スピード調理の場合、みそ汁の具材は人参や大根などの根菜から先に鍋に投入しましょう。基本中の基本ですが、根菜はお湯になってから投入しても柔らかくなりにくく、水のうちから投入するのが推奨です。

完成写真

月見つくね、キャベチャー、キャベツと人参のみそ汁

コメント

それっぽいのに超手抜き晩御飯!(1人前170円)完成♪

でも栄養満点だよー!

月見つくねは、割るとど真ん中から美味しそうな卵の黄身がとろっと出てくる仕様です。この黄身の黄色と、鮮やかな緑黄色野菜サラダが食卓を彩ります。タレがかかってますのでそのまま食べられます。

キャベツのみそ汁は、キャベツの甘みが溶け込んで美味しいんです。茹ですぎなければ、鮮やかなグリーンが目にも美味しいみそ汁を演出してくれます。そこにチラッとオレンジ色の人参が顔を覗く。完璧です。

キャベチャーは、写真映えはイマイチでしたが、味はお墨付きです。味付けは比較的あっさり目に想定すると、チャーシューのタレとのバランスが良く、キャベツの甘みと食感、チャーシューの旨みとタレの味を楽しめます。いろんな味付けを試せるのでオススメなメニューです。たぶん、料理上手な人ならパパッとアレンジレシピができちゃうでしょうね♪

本日の旦那様への捨て台詞

旦那様が、

不倫不倫って、最近のやつらはなにをやってるんだよ。俺なら絶対に不倫なんかしないけどなぁ。

と、紳士な男アピールをしてきたら、

明日から顔が小栗旬になってもか?若くて可愛い女子社員がたくさん寄ってきてもか?

と言って勘違いに気づかせてあげましょう。不倫しないんじゃなくて、不倫する相手すらいないでしょ?と。

そもそも不倫とは、禁断を超えてでもそういう関係になりたいと異性に思わせるほどの、何かしらの魅力がないとできません。

容姿であったり、お金であったり、才能であったり。

そういう魅力を持ち合わせ、たくさんの女性が寄ってくる環境にあって、それでも奥様以外に一切興味を持たないのであればこの言葉は成立です。

ただ、あまりに正論を言いすぎて旦那様が落ち込むようであれば、

「安心しろ、おまえを好きになるのはこれまでもこれからも私ぐらいだ。」

と言って抱きしめてあげましょう。

ムチの後のアメは効果的です(笑)

※旦那が「毎日はやく家に帰りたい!」と思う「家」を作るのも奥様の仕事です。逆に、「早く帰ってきてほしい!」と思える男になるのは夫の仕事。結局夫婦は持ちつ持たれつ。どちらかだけが100%悪いってことはないですね。

下部のアイコンでSNSシェアお願いします!m(_ _)m

こんな記事でも一生懸命書いてます。「少しは役に立った」「笑えた」という方は、下にあるアイコンClickでSNSシェア応援していただけると励みになります。