おやすみ、ロジャーで寝かしつけ2戦目と牛タン定食

シェアする

こんばんわ。かげちよです。

今回も笑ってください。相変わらず失敗だらけの私です。

記事の後半で突然、美味しい牛タンと豚汁定食も出てきます。(節約料理継続中♪)

今日は前回の記事の続き、あの魔法の商品の続編です。

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

おやすみロジャー

買っちゃたんです。ワクワク♪

ということで、

スポンサーリンク

おやすみ、ロジャーの効果検証!実体験(失敗談2回目

をお送りします。

やっぱり最初に失敗談って言っちゃう(笑)

だって、失敗したんだからしょうがない。

さて、話を戻しまして。

テレビで紹介されて以来、売り上げ本数を伸ばし続けているこの絵本。おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本。カール=ヨハン・エリーン 著

どうしてこのおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本が売れているかって、

 読み聞かせるだけで子供がすぐ眠る!心理学的効果実証済

このあたりはさすがですよね、80万部売れるだけのこともあるし、やっぱり寝かしつけの苦労は多くの親の悩みの種。

その弱みに付け込んでやろうというこの嘘くせ〜絵本(笑)

寝かしつけたあとにまだ仕事がある人も、家事がたんまり残っているお母さんも、子供がすんなり寝てくれりゃあそれは最高なんです。

でも、そうはいかないのがお子様。

しかも今日だけは寝てくれ〜!って日に限って目がギンギン。親はイライラ。

そんな親にこのおやすみ、ロジャーの効果は上々なようで、多くの感謝の口コミが寄せられています。

おやすみ、ロジャーは芸能人にも人気!口コミ多数。

木下優樹菜さん

読んでいるママも一緒に眠くなっちゃうくらい引き込まれる、寝かしつけの絵本です。

くわばたりえさん

「僕、この本で絶対に寝ない!」と、6歳の息子。3分の1あたりで爆睡しました♪

こんな素敵な口コミを寄せています。

そして私たち夫婦も満を持して購入をし、我が子に試した、

前回のおやすみ、ロジャー実験の様子(失敗談)

娘の寝かしつけのスタイル

うちの娘は4歳。

眠りにつくまでは平均20分。日によってかなりブレがありますが、早ければ10分、長いと1時間経ってもまったく寝ない。

寝るときは部屋を豆電球だけの状態に。

ママと一緒に布団に入らないと寝ない。

前回の読み聞かせ失敗の原因

読み聞かせ担当は嫁。私は隣の居間で隙間から様子を見ながら待機。

いつもなら部屋の電気を豆電球にするところを、本を読むために読書灯を点灯。

「え?どうして電気つけるの?寝ないの?」

絵本を取り出すと、

「え?私にもみせて!」

いつもは横になるママが座って本を読んでいることに違和感を覚え、

「え?どうしてママは寝ないの?」

と、ことあるごとに起き上がる娘。

この絵本の主人公は2人。

1人はロジャー、もう1人は我が子本人という設定。読み手の親は、そのもう一人の主人公に、我が子の名前をあてはめて読み進めていくという絵本。

だから、しょっちゅう自分の娘の名前を読むことになる。

そしてその度に、

「え?なに?わたし?」

と、起き上がる娘。

この、

いつもと違うシチュエーションが子供を覚醒させる

ようだということが原因と考えられました。結果、娘は眠るどころかテンションが上がり、その結果、

読み聞かせ開始から約30分経過したころ、隣の部屋から、

「話聞かないんだったらもう読まない!!」

と、いう嫁の声が聞こえ、

嫁がこちらの部屋に来る。

そして、「おやすみ、ロジャー」をテーブルの上にドサっと投げ捨て、

また寝室に戻っていく。

「ピッ!」っとリモコンの音がして、寝室が真っ暗になり。

「早く寝なさい!!」

という声が寝室に響き、続いて娘の鳴き声が部屋に響くことになりました。

そのわずか5分後、娘の寝息が静かな寝室に響く。

おやすみ、ロジャーで寝かしつけ効果体験2回目

そして今回です。

寝かしつけ担当は私です。

前回は、普段私たち夫婦が、寝るときに読み聞かせなんてやっていなかったことで、あまりにいつもと状況が違いすぎたことによる興奮が原因でした。

  • ママが隣で寝る
  • 本を隣で読むと絵を見たがるので離れる

こういう条件を満たすには、嫁はいつも通り寝てもらって、私が読み聴かせるのが一番だということで、その方向で準備。

「今日は寝るときにお父さんがこれを読んであげるねー?」

と、居間で娘に「おやすみ、ロジャー」の絵本を見せる。

それを見た娘は、

「あ、これ、ママと私の絵本だからダメだよ。」

と、絵本を取り返される。

「え?」

「ママ、もう寝るからこれ読んでー。」

そう言って、手をつなぎ寝室に向かう嫁と娘。

「え?なんで?その本買ったのパパなんだけど。」

そんな私の声が響いたのか響いていないのか、寝室で読み聞かせ2回目スタート。結局私は昨日同様、隣の居間から寝室をチラチラ見ながら待機。

おやすみ、ロジャー読み聞かせスタート

ぼそぼそと読み聞かせをスタートする嫁。

序盤は娘が足をバタバタと動かしたり、やっぱり自分の名前を呼ばれて反応したりするものの、昨日ほどではなく。

開始10分ほどで娘が静かになる。

おお!これは今夜はいけるか?

と、どこからともなく

「ナーーーーーーーー。」

との鳴き声。

鳴き声の方を見ると、猫がいる。我が家のトミーちゃんです。

猫(トムキャット)

あ、まずい。。。

この方が来ると、全てがめちゃくちゃになる。

しかもこの

「ナーーーーー!」

という鳴き声は、興奮状態を示唆するもの。

阻止する間もなく寝室に侵入する猫。

そして、

「ナーーーーーーーー。」

と一声。

「あ、トミーが来た。」

娘覚醒。

「いいから、寝なさい。」

「はーい。」

しばしの静寂の後、

ダダダダダダーーーーー!!

「ナーーーーー!」

あ、

始まっちゃった。

猫を飼っている方ならだれでも体験しているこの

猫の「真夜中の大運動会」

終わりだ。

寝室を見なくたって、縦横無尽に走り回っている猫の姿が想像つく。

ダダダダダダーーーー!

サッ!!

家政婦猫の猫村さん

ちらりと覗くトミーと目があう。

「トミー、こっちおいで。」

と、トミーを居間へと誘う。

ダダダダダダーーーー!!

効果なし。寝室に逃走。

「痛い!!」

泣き出す娘。

どうやら走り回る猫の爪が娘を引っ掻いてしまったようだ。これは大人でも痛い。

「もう、うるさーーーーい!!」

と、いう嫁の声が聞こえ、

嫁がこちらの部屋に来る。

そして、「おやすみ、ロジャー」をテーブルの上にドサっと投げ捨て、

猫を居間に追いやり、

寝室に戻ると、バタンと音を立ててドアを閉める。

「ピッ!」っとリモコンの音がして、寝室が真っ暗になり。

「早く寝なさい!!」

という声が寝室に響き、続いて娘の鳴き声が部屋に響くことになりました。

そのわずか5分後、娘の寝息が静かな寝室に響く。

効果抜群のおやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

もう、みなさんこの魔法のぐっすり絵本が欲しくてたまらないんじゃないですか??

すぐに寝る!

もう寝かしつけでイライラしない!

心理学的効果実証済み!

芸能人の口コミも多数!

80万部突破!

もう買うしかないでしょ(笑)

ところで、

私の出番はいつかくるのでしょうか。。。

今日の節約料理

今日は節約というか、買い物にすらいけなかったので、以前実家から送られてきた冷凍の牛タンがまだ残っていたので、おさぼりしました。

牛タン

この牛タン、めっちゃ高いんです。

節約どころか、一袋1700円くらいします。。。

当然、絶品です!

というわけで、今夜の晩御飯は、

牛タンと味噌汁

牛タンと豚汁定食(0円

我が家の黄金ルートがありまして、豚しゃぶをした次の日は、その残りに味噌を入れて豚汁を作ります。超簡単な上に、しゃぶしゃぶの出汁が効いているのでこれがまためちゃくちゃうまい。おまけに材料は昨日のそのままなので0円。

牛タンも頂き物なので0円。

反則ですが、究極の節約メニューです♪

私の地元、仙台の地域復興にご協力いただける方は是非ご購入を

↓↓↓

高いけど美味いですよー。

いや、

高いから美味いですよー(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする