子供と遊ぶ。八王子の公園その68(上柚木公園:中央地区)

シェアする

こちらのサイトでは、

八王子にある公園を親子で遊ぶ目線で、様々な角度から評価をしてまいります。お子様と一緒に遊ぶ公園探しにお役立てください。

遊具とトイレは全て写真を掲載していますのでその公園の詳しい情報を知りたい方にオススメです。

着目ポイントは以下。

  • 時間を潰せるか
  • トイレはきれいか
  • 遊具は豊富か
  • 自動販売機(水分補給)はあるか
  • 子供にとって、親にとっての気遣いはあるか

メニューや検索バーから他の公園も検索できます。

上柚木公園:中央地区で子供と遊ぶ

上柚木公園 

でました、上柚木公園。みなさん、あの上柚木公園ですよ!八王子の公園を紹介し続けてはや68回目。八王子の公園を紹介するサイトとしては、ここは避けて通れないほど、八王子では有名な公園なんです。上柚木公園を紹介しない八王子公園サイトはエセなんです。じゃあ、なぜ今までこの上柚木公園を紹介しなかったのか?

答えはひとつ。我が家から遠いからです。

自転車で約40分。娘を前の椅子に乗せてヒーヒー言いながら山を登って降りてようやく到着するこの楽園。でもそんな苦労も吹き飛ばしてくれるというネットでの情報を力にペダルを踏み込みました。

ちなみに上柚木公園のマップは以下のとおり。とにかく大きい。前回の上柚木地区に続いて、今回は中央地区を紹介していきます。それにしても、地区を3つに分けても1つ1つが他の公園より大きいというとてつもない巨大公園。そしてこの中央地区は大きな陸上トラックを備えており、この日も大きな大会だったのか、多数の選手たちがごった返していました。

上柚木公園

このように、大きく、

  • 上柚木地区(右側)
  • 中央地区(真ん中)
  • 郷戸地区(左側)

の3つの地区に分かれています。今回紹介するのはそのうちの中央地区です。

スポンサーリンク

場所(グーグルマップ)

広さ(レベル6/5)

前述通り、広大な敷地面積を誇る公園です。

遊具(ハマりレベル3/5)

遊具?

上柚木公園 トレーニング器具

あれ?

遊具というか、トレーニング器具的な?

おそらくですが、中央のスタンドについているハンドルを握り、足元のバーを両足ジャンプで行ったり来たり、シュッシュッ!トレーニングだと思われます。

腹筋マシーン

上柚木公園 トレーニング器具

なるほどだいたいこの中央地区のコンセプトがわかってきました。

陸上トラックの周囲に置かれたこのトレーニング器具たちを見るに、子供を相手する気は全くないようです。

つまり、この公園の記事のコンセプトにはこの中央地区、全く必要のないものだということがわかりました。そもそもトレーニング器具に「大人用」ってシールが貼ってある。

帰ろうか?いや、面白そうだ。もう少し見ていこう。

謎のトレーニングマシーン

上柚木公園 トレーニング器具

どうやって使うの!?

説明書らしきものを読むもいまいち理解できず。

おそらくは、円盤の上に立ち、上のバーを両手でつかみ、体を持ち上げて、中央スタンドから飛び出ているバーに足を乗せる。

降ろしては乗せ、乗せては降ろしを繰り替えすのだと思われます。

陸上のトレーニング器具は実に多種多様で、私は中学の時に陸上をやっていたのですが、パラシュートを背中につけて走ったり、巨人の星でおなじみの矯正ギプス的なものをつけて走ったりしていました。あまりに周囲の注目の的になるので、恥ずかしくてさっさとその場から走り抜けたいという思いで足が早くなりました。

そういう意味では効果適面だったと思います。

謎のトレーニング器具

上柚木公園 トレーニング器具

もはや理解不能です。

まあ、ぶら下がるんでしょうね。そしてちょっと飽きたら、バーから伸びているチェーンの手すりにぶら下がってみる。というようなところでしょうか。

電車に乗ってる演技の練習に使うのでしょうか。

なんて言ってますが、この高さが2M50位の高さなので、そんな余裕はない。

トイレ(綺麗レベル5/5)

上柚木公園 トイレ

そしてこのトイレ。良いんですよ。この陸上トラックもトレーニング器具も新しく見えましたので、ここ数年でリニューアルしたのかもしれません。

自動販売機・コンビニ(水分補給)

コンビニ:川を越えてすぐのところにに天下のセブンイレブンがありますが、この中央地区のの遊具エリアからは遠いです。

自動販売機:公園内に多数あります。

基本情報

名称:上柚木公園

所在地:〒192-0373 東京都八王子市上柚木2−51−1

連絡:042-679-0616

総合評価

自動販売機やトイレなどの基本設備はさすがの上柚木公園。しかし、中央地区はまったくもって子連れ向けではないですね。どちらかというと、マッチョ向けです。数々の謎のトレーニング器具をお楽しみあれ。

次回は、郷戸地区を紹介します。