シェアする

【ゴルフの新ルール】2019年大改定|初心者救済&時短で快適ゴルフ

元々紳士のスポーツと言われ、庶民が気軽にチャレンジするにはなにかと敷居が高いスポーツ。それがゴルフです。

加えて、ある程度ラウンド経験がある人でも、ゴルフのルールは奥が深く難解でした。

当然ながら初心者にとっては覚えるだけでも大変です。

2019年、そんなゴルフ業界に、100年に一度の大改革ともいうべき新ルールが全世界で施行されます。

これにより、

  • ラウンドの無駄な時間を省く「スピードゴルフ」
  • 初心者に優しい「救済」と「簡潔化」

を実現し、減少傾向にあるゴルフ人口を拡大を実現させる狙いがあるそうです。

また、しっかりマスターすれば、ベストスコアの更新も可能なのだとか。

ということで今回はこの新ルールについて、特に重要なポイントに絞って紹介してまいります。

→ゴルフ好きが集まる「街コン」 

【ゴルフの新ルール】2019年大改定|初心者救済&時短で快適ゴルフ

スポンサーリンク

コース名称変更|ゴルフの新ルール

まずは、新ルールではありませんが、コースの名称が変更になります。

いわゆるグリーンと呼ばれる「パッティンググリーン」や「バンカー」の呼び名は変更なしです。

コース名称変更|ゴルフの新ルール

一方で、変更になった点は、

  • ウォーターハザード→ペナルティーエリア
  • ティーインググラウンド→ティーイングエリア
  • スルーザグリーン→ジェネラルエリア

です。

名称はスコアやラウンドに影響はしませんが、恥をかかないためにも覚えておきたいポイントですのでしっかり押さえておきましょう。

→お得なゴルフ場予約は「じゃらんゴルフ」

2度打ちは無罰|ゴルフの新ルール

ラフで打ち損ねたボールがクラブにもう一度当たる「2度打ち」が、1罰打を課されるのは有名です。そしてラフでのショットに苦戦する初心者にとっては致命傷でした。

しかし、新ルールではこれが無罰に変更になります。

プレーヤーが、ボールを打つために行った1ストロークのみをカウント

という考えから変更になりました。

→ゴルフ好きが集まる「街コン」 

バンカー内|ゴルフの新ルール

プロ・アマ問わず悩ませるバンカーですが、ここにも新ルールが採用されました。

ルースインペディメントの除去

これまでは触ることが許されていなかった、バンカー内のインペディメント、つまり石や木の枝や葉っぱなどの障害物を、無罰で取り除くことが可能になりました。

これにより、ただでさえショットが不安定になるバンカーの攻略が多少楽になります。

注意点としては、当然ですが取り除く際にボールに触れると1打罰になります。

バンカー内|ゴルフの新ルール

アンプレヤブルの宣言時の新しい選択肢

バンカー内でかなり困難な状況になった場合、アンプレヤブルを宣言することで1打罰にはなりますが、

  • 後方線上にドロップ(バンカー内)
  • 元の位置から打ち直す
  • 2クラブレングス以内にドロップ(バンカー内)

という救済措置を選択できました。

新ルールではこれに加え、2打罰こそ課されますが

ボールとホールを結んだ後方線上のバンカー外へドロップ

ができるようになりました。ポイントは「バンカー外」へドロップできるという改良点。

バンカーが苦手でスコアを一気に落としてしまっていたプレーヤーや、ゴルフ初心者には非常にありがたい新ルールです。




ドロップの高さ|ゴルフの新ルール

ドロップの高さ|ゴルフのこれまでのルール

これまでのゴルフのルールでは、ドロップする際の高さは「肩の高さにボールを持って腕を伸ばした状態の位置」となっており、その高さからでは思った場所にドロップできないばかりか、ディボット跡に転がったり、最悪の場合ラフやバンカーへ転がるケースもありました。

新しいゴルフのルールではなんと、

立った状態の膝の高さからでOK

になりました。

ドロップの高さ|ゴルフの新ルール

しかも、直立である必要はなく、前かがみでも安定する立ち膝でもOK。あくまで膝の高ささえ守れば良しとされます。

これによって、はるかにドロップのポイントを狙いやすくなり、無駄なスコアロスを減らすことができるようになります。

→お得なゴルフ場予約は「じゃらんゴルフ」

OB|ゴルフの新ルール

こちらはプロの試合やゴルフ場の競技会には適用されない初心者向けのローカルルールです。

これまではOBや紛失球になった場合、元に戻って打ち直さなければなりませんでした。これがプレイの遅延を招くことから、ゴルフ場によっては前進4打のローカルルールを適用していたりしました。

OB|ゴルフの新ルール

今回の新ルール改定では、前進2打が提案されています。しかもドロップエリアはラフとの境界線から2クラブレングス以内のフェアウェイとされているため、初心者には非常に嬉しい救済措置、かつ時間短縮と言えます。

→ゴルフを楽しめる人気ツアー 

旗竿|ゴルフの新ルール

これまでのゴルフのルールでは、グリーン上のボールが立てたままの旗竿に当たった場合はペナルティーで2打罰が課されていました。

単純に旗竿を抜いてしまえばなんの心配もないのですが、セルフプレーが増加した昨今のゴルフ界ではこれがなかなかの手間と時間の無駄でした。

旗竿|ゴルフの新ルール

そこで2019年のゴルフの新ルール改定では、これを認めることになりました。

ちなみにこの場合、カップ内で旗竿にボールが引っかかる可能性が出てきますが、その場合はボールの一部がグリーン面より下にあればカップインとみなします。

特にセルフプレーではかなりの時間短縮になるのではないでしょうか。

距離計測機|ゴルフの新ルール

従来のゴルフのルールでは、ピンまでの距離測定機器の使用はローカルルールでしか認められていませんでした。

今回の新ルール改定で距離測定機が自由に使用できるように変更になりました。

これにより、例えば起伏のあるコースで、単純な距離のみでなく、高低差をふまえた打つべき距離の目安(加減算距離=水平距離±高さ)を表示することができ、距離感のつかみにくい打ち上げや打ち下しのショットでのクラブ選択が可能になります。

ただし、大会によってはローカルルールを採用し、「距離測定機の使用を禁止する」こともできますのでチェックが必要です。

自打球|ゴルフの新ルール

木に当たって跳ね返ったボールが自分の身体に当たる自打球や、シャンクしてキャディーやクラブ、カートなどに当たった場合、これまでは1打罰が課されていました。

しかし、新ルールにおいては「予測不能であったと判断された自打球」などに関しては無罰となり、ボールが止まった場所からプレーを続行できるようになりました。

→ライザップゴルフ

→ゴルフ好きが集まる「街コン」 

その他のゴルフの新ルール

ここからはその他にも加わった、あるいは改定された新ルールをまとめて紹介してまいります。

ゴルフの新ルール 2019年

リプレース|ゴルフの新ルール

ボールを偶然動かしてリプレースする場所がわからなくなった場合、これまではドロップするルールでしたが、新ルールではプレーヤーが推測する場所にリプレースすることができるようになりました。

ペナルティーエリア|ゴルフの新ルール

バンカー同様、ペナルティアリアでのルールが緩和されます。

  • インペディメントの除去
  • クラブを地面につけてもOK

となり、やはり初心者にありがたい救済処置となります。

自然に動いたボールは戻せる|ゴルフの新ルール

マークしたボールをリプレースする際に誤って動かしてしまった際、これまでは1打罰でしたが、無罰で元の位置に戻せるようになりました。

加えて、マーク前に風や傾斜で動いた場合はボールが止まった場所からプレイ続行もできるようになりました。

→ゴルフを楽しめる人気ツアー 

ライン上で修正できる箇所が拡充|ゴルフの新ルール

古いカップの埋め跡、ボールが着地した際のボールマークなどはこれまでも修正可能でしたが、新ルールではこれに加えてスパイク跡、芝の毛羽立ちの修正も可能になります。

ただし、修正を行えるのはパターのソールなどに限ります。

ジェネラルエリアで地面に埋もれたボールも無罰で救済|ゴルフの新ルール

これまではフェアウェイに限られていた「地面に埋もれたボールの救済」ですが、これがフェアウェイ以外のラフなど、ジェネラルエリアにも適用されるようになりました。

ボールの一部が地面に食い込んでいれば、無罰で救済、ドロップが可能です。

ただし、芝に埋もれただけで、地面には食い込んでいない場合は適用されないので注意が必要です。

誤って動かしたボールは無罰で元位置に|ゴルフの新ルール

見失ったボールを探している際に、自分やキャディーが誤って蹴ってしまったり動かしてしまったボールは、これまでは1打罰でしたが無罰で元の位置に戻せるようになりました。

逆に、元の位置に戻さずにプレイを続行すると2打罰が課されるように変更になりました。

→豊富な品揃え二木ゴルフオンライン 

→ゴルフ好きが集まる「街コン」 

ゴルフの新ルールまとめ

2019年に大改定されるゴルフの新ルールの中でも、特にチェックしたいポイントをまとめさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

ルールが難しくなかなかゴルフにチャレンジできなかった方も、バンカーやラフに悩まされスコアが伸び悩んでいた方も、新ルールの救済措置によってベストスコアを更新できそうですね。

また、ベテラン向けにも、エンジョイゴルフやセルフプレー時の時間短縮につながり、より快適なゴルフライフを楽しめそうです。

それでは。

→ゴルフ好きが集まる「街コン」 

→ライザップゴルフ

→お得なゴルフ場予約は「じゃらんゴルフ」

→ゴルフを楽しめる人気ツアー 

スポンサーリンク

シェアする




人気急上昇中の関連記事