【高尾山薬王院】パワースポットを徹底レポート:金運・縁結び・出世

シェアする

【高尾山薬王院】パワースポットを徹底レポート:金運・縁結び・出世

世の中に数あるパワースポット。そのなかで、比較的アクセスが良く、人気のある高尾山薬王院を紹介していきます。縁結びから金運アップ、出世や心身の浄化まで、細かくレポートしていきます。

スポンサーリンク

高尾山とは?

標高599メートルの山。普通なら相反する「交通の便の良さ」と「大自然」を兼ね備えたアウトドアの絶好スポットで、その実力は平成19年にミシュランガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星評価をされるほど。都心からわずか50kmに位置しながら「動植物の宝庫」として様々な自然に触れる事ができる。

薬王院とは?

関東屈指の修験霊場、天狗の棲む勝運・出世運のパワースポット

高尾山薬王院 有喜寺(たかおさんやくおういん ゆうきじ)は、成田山新勝寺・川崎大師と並ぶ、真言宗智山派の関東三大本山の一つ。高尾山の中腹にあり、かつての山伏たちやスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんも修行した、修験道の霊場です。
住所:〒193-8686 東京都八王子市高尾町2177

電話:042-661-1115

アクセス

京王線:新宿⇔高尾山口(最速47分)

中央線:新宿⇔高尾(特別快速44分 快速58分)→高尾駅で京王線高尾山口方面行き乗り換え(3分)

高尾山口駅より、ケーブルカー・リフト乗り場までは徒歩15分ほどかかる。
ケーブルカーとリフトを利用すると一気に中腹に到着します。
中腹の高尾山駅〜薬王院まで1km:20分

高尾山薬王院はどんなパワースポット?

富士山から皇居に向かって大地のエネルギーが流れる強い龍脈上にあり、そのパワーは、なんと富士山の登山で得られるそれと同パワーを授かれるのだとか。高尾山自体がパワースポットであり、登山をしつつ参拝をすることで、「心身の浄化」「活力アップ」「問題解決のインスピレーション」を得られます。
また冬至の時期には、富士山山頂に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」も拝むことができます。

  • 元気が欲しい
  • 悩みがある
  • 心身を浄化したい
  • 出世祈願
  • 縁結び

などなど、多くの方にパワーをもたらすということで人気のパワースポットです。

高尾山と天狗

高尾山は古くより天狗と深い関わりを持ち、天狗がいるとされています。

天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ、多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されています。

高尾山薬王院の入り口

薬王院の入り口は、山門から始まります。この山門の中には「仏天」「持国天」「増長天」「広目天」の四天王が鎮座しています。四天王は、聖徳太子が戦勝祈願をするなど、古来より広く信仰されてきたとされています。

高尾山薬王院の門

手水舎(ちょうずや)

参道のわきにある「手水舎」で 身を清めるために、手を洗い、口をすすぐ場所です。

高尾山薬王院手水舎(ちょうずや)

手水舎のマナーですが、柄杓には口をつけず、両手を清め、手に水を注ぎ口に含んで清めましょう。また、使用した柄杓も水で洗い流し次の人に引継ぎましょう。

六根清浄「石ぐるま」

懺悔とは、心を迷わせる、奢り(自分最優先の心)、怒り、愚痴、(諦めたり挫けたりする弱い心)の3つの煩悩を悔い改め反省の心を起す意味。

六根清浄とは、人間の大切な感覚器官を指し、物事を見つめる眼、匂いをかぐ鼻、音を聞く耳、味覚を味わう舌、感覚を感じる身、以上の大切な情報を判断する意(心)が清らかになる願いを神仏に祈る意味があります。

「懺悔懺悔!!」

とお唱えしながら石ぐるまを回しましょう。心身ともに身を清める効果があります。

六根清浄石ぐるま高尾山薬王院

八大竜王・小槌

お金を洗って金運・商売繁昌のご利益を願います。かなり人気のスポットで、手元にあるザルにお金を入れて清めます。

八大竜王・小槌

数箇所から水が流れていますのでこちらでお金を洗います。

八大竜王高尾山薬王院

洗った後は、設置されている洗った銭を入れる箱に入れてもよし。財布に入れてお守りにするのもよしです。

金運招福の資本金入れ

こちらで清めたお金を、札所にある「金運招福の資本金入れ」1000円に入れることで、より効果を高めます。私は10000円を清め、この「金運招福の資本金入れ」にしまい、神棚に飾っています。風水などと絡めて、金運アップの方位においてもいいかもしれませんね。

金運招福の資本金入れ

願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)高尾山薬王院

これはご本尊様の智慧の輪です。まずは願いを掛けながらこの願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)くぐり抜けます。くぐる前に一礼、そして心の中で願い事をしながらくぐり抜けましょうましょう。

願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)高尾山薬王院

くぐり抜けたら、そのまま正面の方向に進みます。すると大錫杖が見えます。

大錫杖(おおしゃくじょう)

その奥にある大錫杖をご本尊様に願いが届くように、高らかに鳴らして更なる諸願成就を祈願します。

このように、手元の棒を使って高らかに鳴らします。

大錫杖(おおしゃくじょう)

その時、住所と名前を忘れずに唱えるようにするそうです。

錫杖(しゃくじょう)とは?

遊行僧が携帯する道具の一つである杖。 煩悩を除去し、智慧を得る効果があるそうです。

倶利伽羅龍・諸縁吉祥(しょえんきっしょう)

恋人・友達・ 仕事などの良縁を願ってお守りを結ぶ倶利伽羅龍・諸縁吉祥。

中央に立っている金色のものは、不動明王が持つ剣「倶利伽羅剣」。不動明王の剣を挟んで2頭の龍が絡んでいる像は、龍が交尾をしている姿と言われています。そこから転じて、この神様は除災招福のみならず、「縁結び」にご利益ありと信じられている。

倶利伽羅龍・諸縁吉祥高尾山薬王院

赤い糸がつけられた鈴がたくさんくくりつけられています。

開運の鈴 授与料 一体100円

祈願をしたらいよいよ仁王門を抜けて薬王院本堂へ行きましょう。

諸願成就・大本堂

本堂へは以下の仁王門をくぐり抜けていきます。

薬王院本堂高尾山

門を抜けてすぐに見えるのは、

常香炉(じょうこうろ)

昔から身を清めるために煙を浴びるということをしていました。そこから転じて、無病息災や、患部に常香炉の煙をあてると病気が治るという信仰が広まったようです。

常香炉(じょうこうろ)高尾山薬王院

お線香1束100円

飯縄大権現(いづなだいごんげん)

戦国最強の武将・上杉謙信と武田信玄が深く信仰した戦勝の神で、勝運・厄除けのご利益があります。

ここぞという一番勝負の前や、厄除けには是非参拝をしましょう。

飯縄大権現高尾山薬王寺

飯縄大権現参拝の仕方

通常神社の参拝は賽銭を入れ、太い綱をガラガラとし、二礼二拍一礼ですが、飯綱大権現は違います。

まずは賽銭を投げ入れ、御本尊様につながると言われる、五本から成る細い紐を手に取り、

「なむいづなだいごんげん」と、唱えます。

飯縄大権現高尾山薬王寺

高尾山薬王院の一般的な参拝は以上ですが、次のような参拝もあります。

ご朱印

御朱印(納経)とは、本来、心願の成就を祈り書き写した経文(般若心経・観音経等)を、ご本尊様の宝前にお納めし、その祈願をこめた印として頂いたものをご朱印と申します。

朱印料:300円

健康登山のご案内

健康登山帳を購入し、御来山一回(一日)毎に一押印してもらいながら、満行を目指します。

ご本尊・飯縄大権現様のご縁日(毎月21日)に因みまして21回で一冊終了、満行となります。満行された方には成満木札を授与し、併せて満行者名一覧にお名前を掲示、また記念品もいただけます。期限はないので、長期にわたって自分のペースで登山を繰り返し健康を目指しましょう。

健康登山手帳:700円

体験修行

  • 火渡り祭
  • 水行道場

詳しくはこちら

精進料理

「私たち修験道山伏は、山も自然現象も、私たちも含めて、生きるもの全てが仏様だと考えています。山で採れた山野草をいただくのは仏様の恵みをいただくということです。」 とのこと。

食を通して、命に対する敬意を払い、関わるものすべてに感謝をするという意味があります。

予約をして、境内の大本坊にていただきます。

  • 高尾膳 3800円
  • 天狗膳 2800円

から選べます。どちらもかなり興味のある献立です。

お守り・縁起物一覧

高尾山薬王院では多数のお守りや、縁起物があります。

お守り一覧

浄銭守 縁結び守 良縁成就守
かなうわ守(黒壇・つげ・紫壇)
もみじ札 天狗守 夢叶守
勝運守 護身鏡守
護摩炭厄除守
御守(木札) 御守(紙札)
かなうわ守 安産守
合格祈願守
無病息災・ぼけ封じ
幸福御守(水晶)
開運厄除十二支守(つげ)
開運厄除十二支守(七宝)
交通安全守(金襴)
腰痛平癒・健脚祈願守
六根清浄・心願成就守(水晶)
家内安全祈祷札
大小天狗像一対

縁起物一覧

天狗うちわ 金の天狗うちわ

熊手 福箕

破魔矢・破魔弓

福豆

金運招福の資本金入れ

薬王院のご利益をより高めるために

冒頭申し上げました通り、高尾山自体がパワースポットであり、歩いて登りながら参拝することでより効果が高まるといわれています。ここから高尾山の山頂までは約20分。より参拝のご利益を高めるため、是非山頂を目指しましょう。もう一踏ん張りです。

高尾山を楽しむ詳しいレポートはこちら↓

おちこぼれパパのツッコミ日記事
https://ochipapa.com/2017/09/25/takaosan-guide/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする