【簡単・節約レシピ】大戸屋の「チキンかあさん煮」を再現してみよう

シェアする

皆さんこんばんは。

こちらの記事ではタイトルにあるように、

【簡単・節約レシピ】大戸屋の「チキンかあさん煮」を再現してみよう

をテーマに、節約晩ごはんのメニューを紹介していきたいと思います。いつもは「献立はスーパーで考える」というテーマですが、今回はちょっと番外編で、大戸屋のチキンかあさん煮定食の再現に挑戦してみます。

また、毎回恒例の、奥様が旦那様に言うべき「効果的な捨て台詞」の記事の後半に載せていますので是非お付き合いください。

さて、このシリーズの記事のコンセプトは、

安い(一人200円ぐらい)
そこそこ旨い
お腹いっぱいになる
すぐ出来る(スーパーは、カット済みや調理済み食材多数。これを生かします)

というものです。

簡単調理にするため、カット済みのサラダを使用したりしますが、良いんです。「私たちには時間がない」のです。まともにサラダを作ったって、実は値段の差は大したことありません。

なん十円かのために時間をかけて全部手作りするくらいなら、調理時間を削減してもう30分パートした方がはるかに経済的です。

それでも、このサイトで紹介する献立は安く作れます。なんで安いかというと、単純です。

スーパーに行って、安いものや割引になっている商品と、家の冷蔵庫の中身から今日の献立を考えるからです。

いわゆる逆引きレシピです。

あらかじめ今日は何にしようかなって献立を考えてからスーパーに行ったら、値段に関係なく必要な食材を買っちゃいますよね?

だから、
節約するなら献立はスーパーで考えるのが一番
なんです。

ちなみに私の家族は、夫婦と娘1人なので、だいたい(200円×3人)600円です。

さて、それではさっそく本日も参りましょう。

スポンサーリンク

買い物(すべて使わない場合もあります)

もちろん本日の買い物もスーパーです。ちなみに私は、いつも天下のスーパーアルプス様やクリエイトSD様を利用します。

チキンカツ、シーザーサラダ、もやし

  • ジャンボチキンカツ 298円
  • サラダミックス    99円
  • もやし        20円

このスーパーでは定期的に、ジャンボチキンカツが298円という破格のお値段になるイベントを開催します。買い物に行くとでかでかとジャンボチキンカツをアピールしていました。このイベントの日はメインがすぐに決まるので助かります。ちなみに写真だと遠近法で大きさが伝わりませんが、ジャンボチキンカツは大人の顔くらいの大きさがあり、かなりダイナミックなサイズです。

後は惰性でサラダミックス50%オフと、いつでも安い節約料理の味方「もやし」を購入。

これで今日の買い物終了〜。

食材(すでに冷蔵庫にあるものも含む)

  • チキンカツ      298円
  • 卵(1個)       20円
  • もやし(全部)     20円
  • サラダミックス     99円
  • プチトマト(3個)   30円
  • 大根(1/3)     30円
  • えのき(1/3)    23円

合計 520

さすがはジャンボチキンカツのイベント。余裕で目標クリアーです。

ちなみに、実際の大戸屋のチキンかあさん煮には卵が乗りませんが、家庭料理とはいつもうまくいかないもの。今回は娘から急に「卵食べられるようになったから入れて」と言われ、急遽路線変更ですm(_ _)m

とはいえ、味はかなり近いものを表現できていますのでご安心ください♪

そんな今日の献立はこちら。

本日の晩御飯の献立

チキンかあさん煮         
シーザーサラダ
辛もやし
えのきと大根のみそ汁     

簡単なレシピと調理手順(調理時間は15分程度。仕込み不要)

  1. みそ汁用ともやし用の鍋にお湯を沸かす。
  2. えのき、大根をカットし、みそ汁鍋に投入。
  3. 鍋が沸騰したら火をとめ、味噌汁鍋にほんだし、味噌を投入。
  4. もやし用の鍋にもやしを入れてさっと30秒茹で、ザルにあけて水を切る。
  5. もやしに「ホットもやしの素」を入れて混ぜる。
  6. 水:(砂糖・みりん・酒・醤油)=100ml:大さじ1の比率でフライパンに投入。ほんだしを適量入れ、ふつふつしてくるまで加熱。(私はいつも水200mlの分量)
  7. チキンカツをカットし、出汁に投入。(カツが半分浸るくらいが丁度良い)
  8. 火を弱め、溶き卵を投入し好みの硬さになるまで「ぼーっ」として完成。
  9.  サラダを盛り付け、プチトマトを添え、シーザーサラダドレッシングをかけて完成。
カツ煮の煮汁の分量はお任せですが、我が家はこの煮汁が大好きで飲み干す娘がいますので多めの200mlの分量で作成しています。

晩御飯の完成写真

チキンカツ煮、辛もやし、シーザーサラダ

コメント

大戸屋のチキンかあさん煮の味!(1人前173円)

ちなみに本家、大戸屋のチキンかあさん煮定食は一人前839円。

チキンかあさん煮は、一口食べて家族全員「うまぁ〜!!」と絶賛の嵐でした。節約料理人冥利に尽きます。サクサクの衣に出汁の効いた煮汁がたっぷり染み込んでいて、一口噛むたびに出汁と、肉汁のコラボがじゅわ〜っと出て旨みたっぷりです。チキンカツは鍋に投入する前に、トースターや「サクッとフライ」機能のオーブンで加熱しておくと、「サクサク」部分と「しっとり」部分を楽しめます。

辛もやしは、有名ラーメン店「一風堂」で出会って以来ファンになってしまった添え物ですが、お酒のおつまみにもぴったりな上にめちゃめちゃ安上がりなので重宝しています。辛いのに食べたい、そんな病みつきの一品です。「ホットもやしソース(400円)」を使ってあっという間に作成できます。

辛いもの好きはチェック↓

えのきと大根の味噌汁は、あり合わせのもので作っただけの味噌汁ですが、えのきの食感と、大根の甘みが出ておいしかったです。

本日の旦那様への捨て台詞

旦那様が食事中に、

「今日、久しぶりに大戸屋でご飯食べたんだけどさ、やっぱチキンかあさん煮定食を頼んじゃうんだよね。なんていうのかな、故郷の味っていうか、おふくろの味っていうか、良いよね〜。」

と、言ってきたら、

「まあ、作ってんのバイトの兄ちゃんだけどな。おまえより年下。」

と、夢見がちな旦那様に現実を突きつけてあげましょう。

下部のアイコンでSNSシェアお願いします!m(_ _)m

こんな記事でも一生懸命書いてます。「少しは役に立った」「笑えた」という方は、下にあるアイコンClickでSNSシェア応援していただけると励みになります。