【最新】AdSenseで2次審査が通過できない。解決方法サイトマップ設置編

シェアする

こちらの記事では、こちらもまたネット上の記事で騒がれています、サイトマップをGoogle search consoleで登録する方法についてご説明していきます。

いわゆる、グーグル様にインデックスされる(こんなサイトありますよって知ってもらうこと)ためにはめちゃくちゃ重要な項目ですので、私のような初心者でもわかるように、みっちりとご説明していきます。

スポンサーリンク

サイトマップの作り方がわからず、Google search consoleでつまずく

とにかく、ある程度言われた通りにやっているのに、サイトマップエラーが出るんです。これも散々悩まされました。アドセンスを通過するには、サイトマップをGoogle search consoleで登録することを推奨します。なんて記事をよく見かけるので私もやってみようと思ったのですが、私はもともとHTML出身で、WordPressのサイトマップの意味が良くわかっておらず。HTMLで作成したサイトマップを貼り付けてみたりしたんですが、全然上手くいかない。で、わかりました。

まずGoogle search consoleの画面からですが、ログインすると自分の運営サイトがリスト形式で出て来ると思います。サイトマップを設置したいサイトをクリック。すると以下のような画面になります。クリック数がなくてめちゃくちゃ恥ずかしいですが、私のサイトを使って紹介します。

この画面で、3つ並んでいるグラフの「サイトマップ」をクリックしてください。

右上に、赤い文字で「サイトマップの追加テスト」というのが見えますでしょうか?ここをクリックすると、自分のサイトURLが出て、その後ろに空枠があり、何かを入力できる部分が出てきます。で、ここに、何を入れればいいわけ?って私のような初心者はなるんです。

正解は”sitemap.xml”と入力すればOKです、

え?でも、sitemap.xmlなんてファイル作ってませんし、どこにも設置してませんけど?

そうなんです。そのファイルを作成し、しかるべき場所に設置する必要があります。

しかるべき場所ってどこよ!!?

もう、ほんとにこう言うことってネットをみると当たり前のように書いてあるんです。考えればわかるでしょ?みたいな感じで。

わかるか!!

偉そうに吠えてみたりして。で、私、とても良いところを見つけましたのでご案内です。

まずは、自分のサイトのサイトマップであるsitemap.xmlの作成。

こちらをご覧ください。なんて分かりやすい有能なコンテンツ。

サイトマップ自動生成ツール

http://って描いてある後の空欄に自分のサイトURL入れて「サイトマップ作成」ボタン押すだけですよ?

これでダウンロードが始まります。奇跡的な簡単さじゃないですか?最高。

次に作成したsitemap.xmlをどこに設置するか。

これは、サーバーの、私はロリポップですので、FTPもセットになっているので皆様は自分の環境に合わせていただきたいのですが、できるだけわかりやすく、恥ずかしながら全てさらけ出しますと、

L→ochipapa→wp-content→themes→simplicity2-child→ココ

わからない方のためにさらに詳しく説明します。

L(FTPを立ち上げた時のトップにある階層です。)

→ochipapa(自分のサイトを格納しているフォルダ。)

→wp-content

→themes

→simplicity2-child(どのテーマをご利用かによって名称が変わります。私はsimplicity2というthemesを使い、さらにバージョンアップに備え-childを使っています。)

→ココ(themesに1回潜った所)に、先ほどのsitemap.xmlを、アップロードします。

ここにアップロードが完了しましたら、もう一度Google search consoleに戻ります↓

「サイトマップの送信テスト」をクリックすると、自分のサイトURLが出てきて、その後ろに空枠があり、何かを入力できる部分が出てきます。

そこに「sitemap.xml」と入力し、「送信」ボタンをクリックすれば完了です。

たったこれだけのことなのですが、私は1日悩みました。無知とは罪です。しかも、後で調べたのですが、WordPressのプラグインで”Google XML Sitemaps”というものがあり、あっという間にサイトマップの設定ができるそうです。

先に知りたかった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする