シェアする

【しぶき氷】自然がつくる氷のアートに会いに行こう〜猪苗代湖〜

【しぶき氷】自然がつくる氷のアートに会いに行こう〜猪苗代湖〜

今回は、自然が作る氷のアート、「しぶき氷」を紹介します。

しぶき氷

スポンサーリンク

しぶき氷とは?

しぶき氷

湖や海の水が風にあおられ波しぶきが立ち、樹木についたその波しぶきが凍結。それを繰り返しながらさまざまな形状の氷を形成していったもの。湖や海の水面は凍らず波しぶきが立ち、かつ樹木についた水分がすぐに凍結することが条件で、形成の条件がそろう場所は日本国内でもかなり少ない、レアな自然現象。

しぶき氷スポットで有名な猪苗代湖

しぶき氷

中禅寺湖や支笏湖のそれも知られるが、やはり有名なのはこちら、日本で4番目に広く高い透明度を誇る猪苗代湖。寒さが最も厳しくなるころ、天神浜に現れるのが「しぶき氷」という現象。その年の気象状況によってはもちろん、時期や時間帯によって刻々と表情を変える、まさに一期一会の絶景。

しぶき氷はまさに幻想的な氷の芸術

しぶき氷

厳冬期、猪苗代湖の天神浜から長瀬川の河口へ進むあたりに現れる国内では珍しい現象。西風にあおられた湖の水が湖岸の樹木に着水したものでつらら状や氷柱など多様な造形美が魅力。

しぶき氷に出会うためのポイント

しぶき氷

しぶき氷の現象の有無、見頃の時期は気象状況によるので事前に確認してから出かけよう。雪や氷で足場が悪いので靴は滑りにくいものを履き、立ち位置禁止区域にも注意。49号線あたりから案内も出ているので参考にしながらスポットを探そう。

しぶき氷を見られる時期

例年1月下旬〜2月下旬

おすすめの時間帯

午前中

しぶき氷に会える猪苗代湖の概要

磐梯山を望む猪苗代湖

「しぶき氷」はもちろんの事、福島のグルメや温泉宿、そして広大な磐梯山の頂も拝める絶景スポット。

  • 住所:福島県耶麻郡猪苗代町中小松(天神浜)
  • 電話:0242-62-2048(猪苗代観光協会)
  • 時間:常時開放(無料)
  • 駐車:天神浜駐車場(50台無料)

猪苗代湖へのアクセス

電車など

東京駅より東北新幹線で約1時間20分。郡山駅で常磐西線乗り換え35分。猪苗代駅よりしぶき氷(天神浜)へはタクシーで約10分。天神浜駐車場より徒歩15分。

河口JCTより東北道・磐越道経由で約246km猪苗代磐梯高原ICより3km。

※積雪や凍結の可能性あり。スタットレスやチェーン要準備。

白鳥も猪苗代湖の風物詩

また猪苗代湖はシベリアから飛来した白鳥の越冬地としても有名。志田浜や長浜など鑑賞スポットも点在するので合わせて立ち寄りたい。太陽にきらめく白鳥の翼は幻想的。

猪苗代湖の白鳥

白鳥のようなしぶき氷

自然が織りなす芸術は千差万別唯一無二。可能性も無限大。時にはまるで本物の白鳥のようなしぶき氷も。自分だけのしぶき氷をその目に、あるいはフィルムに収めたい。

しぶき氷

猪苗代湖への旅行プランはこちらから

旅ならるるぶトラベル

※画像クリックでるるぶトラベル公式サイトへ↓

じゃらんnet

※画像クリックでるるぶトラベル公式サイトへ↓

猪苗代湖のしぶき氷まとめ

大自然が織りなす壮大な氷の芸術「しぶき氷」はまさに一期一会の絶景。刻一刻と表情を変える氷のアートは幻想的。この冬、是非とも猪苗代湖の感動に会いに行こう。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする




人気急上昇中の関連記事