シェアする

【熱海海上花火大会2018】口コミ・混雑・みどころ・人気・評価

熱海海上花火大会2018|静岡県/熱海市

スポンサーリンク

開催概要|熱海海上花火大会2018

会場・アクセス 静岡県熱海市渚町地先 熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)

0557-85-2222  (熱海市観光協会)

日程 2018年4月14日(土),22日(日),5月12日(土),27日(日),6月3日(日),17日(日)

7月27日(金),31日(火),8月5日(日),8日(水),19日(日),24日(金),30日(木)

打ち上げ開始時刻  20時20分〜20時50分
打ち上げ発数  春 3000発、夏 5000発
出店・露店・屋台 あり
有料席  あり(セブンイレブンで発売)
ランキング 人気花火大会ランキング東海第5位※Warker+調べ

→花火大会の有料席チケットはチケットぴあ 

熱海海上花火大会2018の近隣「駐車場」を予約する→予約専用タイムズB-Times

熱海海上花火大会の様子

熱海海上花火大会 2018年

熱海海上花火大会公式サイトより

熱海海上花火大会2018の口コミ・みどころ・人気・評価

  • 間断なく打ち上げられる約5000発の花火
  • 各日のフィナーレを飾る大空中ナイアガラ
  • すり鉢状の地形が繰り出すスタジアムのような大音響で、目と耳で楽しむ花火大会
  • 各開催日先着5名に、一人10,000円でメッセージ花火
  • 日帰り温泉で寛いだ後、スーパーで飲み物等仕入れてレジャーシートを敷き浜辺でという最高の贅沢
  • 出店も出るんですが混みあって並びあり
  • 有料見学席から見ると手前と奥で打ち上がるので奥行きのある花火見物
  • 春夏秋冬で花火大会を実施していて、中でも空気が澄んでいる冬の花火が最高
  • 地形をしている熱海湾は、音響効果など日本一の花火打上会場と称される

花火大会当日の周辺「グルメ」はどこも大混雑→ホットペッパーで予約しておく

熱海海上花火大会2018の混雑状況・穴場スポット

混雑はしていましたが、何時間も場所取りをせずともシートを広げて座れた。開催回数が多いことと、広大なビーチ全てが鑑賞できる場所なので、都内の花火大会ではありえないほどゆったりと花火鑑賞ができる。駐車場はいたるところにあるが、車でのアクセスの場合は早めに行くほど近場の駐車場にありつける。ホテルや旅館などで花火が見えることを目玉にしたプランを提供しているところもあるので利用してみたが、宿泊先の場所をよく調べないと、花火は確かに見えるけど、遠すぎだろ、という事態になりかねない。

→今年のトレンド「レトロモダン」な浴衣をチェック!

→「あなたの浴衣をコーディネート」きものセレクトショップkirakukai

→静岡県の花火大会を詳しくチェック

スポンサーリンク

シェアする




人気急上昇中の関連記事