シェアする

【VRゴーグル・360度カメラ】おすすめ商品最強ラインナップ紹介

【VRゴーグル・360度カメラ】おすすめ商品最強ラインナップ紹介

スポンサーリンク

VRとは?

virtual reality(バーチャルリアリティー)の略で、おもに専用のVRゴーグルを装着してVR用に撮影、製作された画像、映像、アプリ、ゲームを楽しむツール。例えば360度で撮影された映像をVRゴーグルを通してみれば、あたかもそこに自分がいるかのように3Dでコンテンツを楽しむことができる。2016年にパソコンに使うVRゴーグル「Oculus Rift」や、「HTC Vive」、ゲームにつなぐ「Playstation VR」が発売され、「VR元年」とも謳われ話題になったことで、一気にその知名度を上げた。

VRゴーグル

VRはつまらない・面白くない・流行らない?

2016年、VR元年と謳われながら、仮想現実、未来のアイテムとしてその期待を一身に背負ってきたVRだが、一部のユーザーにこそ価値を知らしめたものの、アプリや映像コンテンツなどの不足により思ったほど波に乗ることができなかった。結局は3Dテレビの二の舞になるのではと言われた。そして2年の月日が流れ、VRはここでさらなる進化を遂げる。今回は今年ますますブームに火がつくこと請け合いのVRの進化した姿を紹介していく。

スマホVRの「Daydream View」登場でVRが再燃する

前述の通り、今年はVRに第2のビッグウエーブが訪れそうだ。理由のうちの一つに、Googleがスマートフォン用のVRゴーグル「Daydream View 」の国内向け発売を開始したことがあげられる。Daydream Viewとは、Android向けのVRプラットフォームで、対応するスマートフォンなら、高速かつ快適にVRコンテンツが楽しめる。この「Daydream View」の登場はこれまでのVR界を大きく帰ることになる。というのも、2016年、VR元年に発売されていたVRゴーグルはまだまだプロトタイプで、操作感や快適性にまだまだ課題があり、ユーザーからも辛口のコメント、口コミが寄せられていた。高額で機能のVRゴーグルですら、その機能の多さゆえ操作が複雑かつユーザビリティに欠け、多くの課題を抱えることになった。

それらの多くの課題を解決することに専念し、待望の発売となったのがまさに「Daydream View」だ。米Googleで「Daydream」を担当するアンドリュー・ナーカー氏によれば、Googleが目指すのは、「VRの複雑な部分をシンプルにすること。つまり使いやすく、身近で誰もが楽しめるものにすること。」だ。このように、ユーザー目線で開発をしたVRゴーグルが続々と登場してくるだけでなく、対応コンテンツの拡充もVR旋風に拍車をかけることになる。今や対応コンテンツは世界で250タイトル以上にのぼる。

「VRは他のどんなテクノロジーやスクリーンとも異なり、実際に別の場所にいるかのように感じさせてくれる。より高品質で没入感の得られる体感を、日本のユーザーに届けたい。」とナーカー氏。最新のスマートフォンではLG製のドコモ「V30+」、au「isai V30+」などが対象機種となっている。今後対象機種がますます増えることは間違いない。

また、米グーグルでは、近々youtubeをアップデート。VRゴーグルをつけた複数のユーザーが、同時に同じVR動画や中継を楽しめる機能を追加すると発表している。離れた場所にいても子供の誕生日会や発表会、スポーツ大会など、家族や友達とVR体験による感動体験を共有できるようになるというわけだ。

同様に、Facebook傘下でVRプラットフォームを提供する「Oculus」でも複数のユーザーでVR体験を共有できるアプリの配信が配信が始まっている。SNSでつながる友達と簡単かつリアルタイムにVR体験を共有できるようになれば楽しみ方は、ますます広がるだろう。さらに両者からは来年パソコンもスマホも使わずにVRコンテンツを楽しむことができ、なおかつ手頃な価格で買える独立型のVRゴーグルもリリースされる予定だ。魅力的なコンテンツが揃い、それを他の人と共有・体感でき、視聴のハードルも下がれば、新時代の象徴としてVR人気に火がつくことは疑いようもない。

また、開発者向けイベントも活発化されており、「Google I/O」ではVRゴーグルを装着した状態でyoutubeに公開されているVR動画を友達と一緒に視聴できる新サービスが発表された。

没入感抜群のおすすめVRスコープ・VRゴーグル&コントローラー

ここからは、世にたくさん登場したVRスコープ・VRゴーグルの中でも雑誌などでお勧めされたり、ネットの口コミで評価が高いお勧めの商品を紹介していく。初心者はVR BOXのような激安VRゴーグルでデビューするも良い。しかし今回はせっかくのバーチャルリアリティー体験なので、「VR BOX」以外で、実用性や性能も加味した上でおすすめしていく。

※画像クリックでVR BOX詳細ページへ

VR PlayStation(R)

言わずと知れた人気のVR PlayStationで、ゲームのVRコンテンツを楽しむなら間違いなしの商品。PSでVRを楽しむならVR PlayStation(R)Camera同梱版 ソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売の商品。

※画像クリックでVR PlayStation詳細へ

Google Daydream View

OS/スマートフォン・VRデバイス・アプリケーション の全てを最適化して、Google自らが主導してハイクオリティなVR体験を目指しています。メガネをつけたままでも装着でき、明るく広い視野角を確保できる高性能レンズを搭載。素材にこだわり、フィット感は抜群。Googleストアで発売中。スマートフォンを挟んで固定する方式で幅広いサイズをサポート。専用のコントローラーも付属する。VR新時代、VR旋風の再燃に一役買うことに期待されている超エリートVR。Androidユーザーなら「Daydream View」で間違い無し。

HOMIDO HOMIDO V2

超広角103°で、「ワンランク上の」とうたうだけのことはあって、「Cardboard」認定機でもある。楽天優良ショップ賞も受賞している太鼓判の押される商品。ゴーグルをかけたままでスマホがタップできるアクションボタン搭載、メガネをかけなくてもピント調整できる、アフターサービス充実などなど、細かなところまで行き届いているVRスコープ。スマホタイプのVRヘッドセットは、レンズによってスマートフォンの画面を拡大し、全視野に映像が映っているように表示する仕組みですので、このレンズがしっかりしていないと、視野角が狭かったり、鮮明度が低かったり、歪んだりしてしまいます。だからこそHOMIDO V2のこだわりが見えるのはレンズ。格安製品との違いはこのフランス製の“レンズ”です。

幅180高さ110奥行き102mm 約430g

※画像クリックでHOMIDO V2詳細へ

エレコム P-VRGR01

VRデビューなら安くとも実力派のエレコム「P-VRGR01」がおすすめ。スマートフォンに専用VRアプリをインストールし、本体にセットするだけで、臨場感あふれる映像を上下左右360度全方向楽しめる。本体上部のダイヤルを使って見え方の微調整が可能。4-6インチのスマホに対応する。「iPhone7プラス」など、サイズが大きくなるスマートフォンなどの場合は対応サイズをチェックしよう。

幅178高さ95奥行き140mm 約240g

※画像クリックでP-VRGR01詳細へ

エレコム JC-VRR01

VRグラスを装着したまま、スマホでのVR動画の操作を手元でできるVR用Bluetooth(R)リモコン。AndroidとiOSに対応し、スイッチを切り替えることで使用可能なのが嬉しい。ゲームパッドモードに切替も可能で、リモコンが付属されていないVRゴーグルをストレスなく楽しむのに最適な商品。

※画像クリックでJC-VRR01の詳細へ

Galaxy Galaxy Gear VR with Controller

Googleの対応スマホを差し込むだけで利用可能。専用アプリを使って「Oculus」対応コンテンツが楽しめる。コントローラーも付属。大きなレンズを通して見える101°の広い視野で、新たな世界や幻想的な景色を楽しめる。ジャイロセンサーと加速度センサーの正確かつ安定したヘッドトラッキングにより、スムーズに臨場感のある世界を。

幅207.1高さ98.6奥行き120.7mm 約345g

※Oculusとは バーチャルリアリティ(VR)向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)の「Oculus Rift」などを開発・販売している米Oculus VR社および製品ブランドのこと。

※画像クリックでGalaxy Gear VR with Controllerの詳細へ

ハコスコ ハコスコDX2

VR配信プラットフォームのハコスコが提供するVRゴーグル。スマホがすっぽり入るサイズで、360°動画のオンライン共有&配信サービス「ハコスコストア」では、360°動画を共有したり、ブラウザやハコスコアプリで楽しむことができる。さらに「ハコスコ公式アプリ」ではハコスコストアのすべての動画を、スマホのフルスクリーンで。加速度センサーが、向いている方向を自動で360°トラッキングし、VR体験を楽しむことができる。値段も手の届く程価格帯の商品で、その中でも充実した「ハコスコ」コンテンツを楽しめる初心者にもありがたいVRスコープと言える。

幅193高さ101奥行き140mm 約378g

※スマホVRのハコスコとは、ダンボール製のゴーグルとスマホを使ったVR(バーチャルリアリティ)サービスです。

※画像クリックでハコスコDX2の詳細へ

カールツァイス VR ONE Plus

4.7インチから5.5インチまでの液晶サイズのスマートフォンに対応するユニバーサルトレー方式を採用 。面倒なレンズ位置調節が不要でメガネをかけたままでも装着できる。名門光学メーカーが手がける本格ゴーグル。VRアプリケーションとしてはGoogle Cardboard SDKに対応しており、iOSおよびAndroidどちらにも対応。光学専業メーカーとして100年以上の実績を持つカールツァイスだから実現できる、先進の工学設計。「ZEISS高精細レンズ」も魅力。

幅180高さ95奥行き140mm 約360g

画像クリックでVR ONE Plusの詳細へ

AmazonでVRゴーグルを探す

AmazonでVRゴーグルを探すならこちらから↓

スマホ向けARも快進撃:Star Wars/ジェダイチャレンジ

余談ではあるが、ブーム再燃の兆しのあるVRだけでなく、スマホ向けのARコンテンツも盛り上がってきている。レノボジャパンが「STARWARS」関連のARアイテムを発表。iPhoneでもARアプリが続々登場し充実してきている。

レノボ Star Wars/ジェダイチャレンジ

スマートフォンに専用アプリをインストールしてARヘッドセットに装着。拡張現実(AR)の技術でスター・ウォーズを楽しめます。フォースを操る弟子として腕を磨き、ジェダイ騎士団の英知を解き放とう。ライトセーバー・デュエルの技術をマスターし、侵略してくる邪悪な力に対して部隊を指揮し、ホロチェスであなたの精神を鍛えよう。内なるジェダイを呼び覚まそう。ライトセーバー・コントローラーを使ってのバトルなど、3つのゲーム「ライトセーバー・バトル」「ホロチェス」「戦略バトル」を体験できる。
※画像クリックでStar Wars/ジェダイチャレンジ詳細へ

今後のARの可能性

開発者向けアプリ「ARKit」が公開されたのを受けて、「App Store」には対応アプリが急増している。ディベロッパーたちがこぞって開発中なので、Star Wars/ジェダイチャレンジのような拡張現実ARコンテンツが充実してくれば、ARの世界が盛り上がる時代も遠くはない。

youtubeでVR動画を楽しむ

せっかくVRゴーグル・VRスコープを購入したのなら、たくさんの360度動画を楽しみたい。そんな中、スマホで楽しめるコンテンツが充実して身近になってきたVR。youtubeはVR動画サービスアプリ、もしくはyoutubeアプリ(iPhoneの場合は事前にインストールが必要)を使えば360度動画に対応しており、スマホを動かすと動画も連動するようになっている。

意外に知られていないが、動画再生画面で「Cardboard」マークをタップするだけで、2画面モードに切り替わる。切り替えてからVRゴーグルにセットするだけで、無数にあるyoutubeのVR動画を楽しむことができる。

VRコンテンツを探したい場合は、「360℃」「360度」あるいはそのまま「VR」などとキーワードを入れて検索すれば、無料で視聴できるコンテンツが多数見つかる。必要に応じてモードを切り替え、左右に画面に分かれた画面が表示されれば準備完了だ。さらにyoutubeの公式チャンネル「バーチャルリアリティー」をチャンネル登録しておけば簡単に動画検索が可能になる。

VR酔いにならないための注意点

VR動画の視聴中、乗り物酔いのような症状が起こることもある。これは小さい子供に限ったことではない。VR酔いを防ぐためには椅子に座るなど安定した姿勢で楽しむのがポイント。乗り物酔いと同じで、酔いやすい人もいるので注意。最近はこれまでは推奨されてこなかった子供向けのVR施設も増え、より多くのユーザーがVRを楽しめる時代になった。

VR動画を撮って楽しむ

さて、ここまで紹介してきたように、VRの世界には有能なVRゴーグルやスコープが増え、さらにVRコンテンツも増加し充実してきている。しかし、もっとVRを楽しむならば、やはり自分で撮影した写真&動画でVRを楽しむということははずせない。

VRグラスで楽しめる写真や動画は、もちろん自分でも撮影出来る。例えば最近流行りの360度の静止画なら専用の無料アプリを使って簡単に撮影可能。Googleが提供するアプリ「Cardboardカメラ」(iPhone、Android)を使えば特別なカメラがなくてもスマホ1つで360度ぐるりと見渡せるパノラマ写真が撮影出来る。写真と一緒に3Dの音を録音することもでき、撮った写真はすぐに手持ちのVRグラスで楽しめる。

そして「VR動画撮影」で言えば、360度カメラも手の届く価格帯の製品が揃ってきた。静止画はもちろん、VR動画の撮影やVR中継も可能。いずれも各カメラと連動するスマホの専用アプリが用意されていて、SNSへの投稿やyoutubeへの公開も簡単にできる。これによって友人にFacebookで臨場感あふれる写真や動画を投稿することも可能になるので、仲良しの飲み会の乾杯シーンや、結婚式の感動シーン、熱いスポーツ観戦などをまるでその場にいるかのように、インスタ映え顔負けのシーンを自在に共有できるようになる。また、「ハコスコ」アプリを使えばアプリから360度カメラで撮影済みの写真を選んでVRグラスで楽しむこともできる。

VRアプリ「Cardboardカメラ」とは?

ガイドに従って撮影しながら自分がぐるりと回ることで360度のパノラマ写真が撮影可能。撮ってすぐVRグラスで楽しむことができる。

  1. アプリからカメラを起動すると撮影モードになるのでガイドライン(スマホ画面中央に真横にラインが入る)を参考にスマホが上下に大きく動かないように注意しながらぐるりと一周回りながら撮影。
  2. 撮影した360度のパノラマ写真が保存される。撮った写真を確認するには画面上のCardboardマークをタップ。
  3. スマホをVRゴーグルにセットするだけ。

※追記

Cardboardカメラの「初期設定」の時に「QRコードを読み取って下さい」的な案内が出るが、googleの純正ゴーグルの場合はゴーグルの本体または説明書などにQRコードがあるのでのでそれを読み取ることでよりピントがあった精度の高い映像が視聴できる。その他のゴーグルの場合はこの工程を「スキップ」すればOK。アプリを初めて使用した時に最初ここでつまずいたので追記。また、Cardboardマークをタップして確認する時に、何度かスマホのVRに関する設定の変更を求められる。それも案内通りに進めていく必要があるが、おそらく初めてVRを見る方はほとんどの方がこの手順を踏むことが必要。

VRをもっと楽しむ360度カメラ

VRの世界をさらに楽しむなら、VR用の360度カメラは最強のアイテム。ここでは雑誌や口コミでも良いと評価されている360℃カメラを紹介していく。

Galaxy Galaxy Gear 360

単体ではもちろん、専用アプリで「Galaxy」シリーズのスマートフォン、「iPhone」にも対応。Galaxy Gear VRやGalaxyのスマートフォンと連携することで、撮影したその瞬間をリアルに追体験することが可能。前後二つの8.4MPのCMOSセンサーと魚眼レンズを搭載し、それぞれのレンズで撮影された映像は、スティッチングによりシームレスな360°の映像を構築。本体には0.5インチのPMOLEDディスプレイを搭載。スマートフォン側でモニタリング・制御。4096×2048ピクセル/24fpsの4K動画撮影ができる。動画は「Gear VR」で楽しめる。

※画像クリックでGalaxy Gear 360詳細へ

リコー THETA V

小型軽量で手軽に360度動画撮影が楽しめる、定番シリーズの最新&最上位モデル。4K相当の360度動画撮影の他に、圧倒的な臨場感を再現する360°空間音声記録に対応した4chマイクを内蔵。最大1/25000秒の超高速シャッタースピードでの撮影・高感度ISO3200(マニュアルモード時)の高感度撮影に対応しているほか、静止画で約4800枚の撮影ができる約19GBの大容量メモリーを内蔵。加えて「水中ハウジングケース(別売)」を利用して、水深30mまでの360°水中撮影が可能なので、スキューバダイビングなどでの可能性も広がる。360度カメラの先駆け「THETA(シータ)」の最新モデル。

※画像クリックでTHETA Vの詳細ページへ

コダック  PIXPRO 4KVR360

全天球カメラで過去にない撮影が楽しめる。3種類のカメラを1つのボディーに収納した3 in 1のこれまでにないコンセプトの360度VRカメラ。2つのレンズを使った360度撮影のほか、片方のレンズだけを使ったワイド撮影も可能なアクションカムで、両方のレンズで360度VR画像撮影・小さいレンズで4K広角197度の高精細画像撮影・大きいレンズで235度の超広角な半天球画像撮影360度動画はカメラ内でステッチ(合成)される仕組み。ボディー前後にある2つのカメラには、高性能、高精細のCMOSセンサーが搭載。ライブビューでは画面を見ながら撮影が可能。無料のアプリケーションソフト(iOS、Android)をインストールすることでより快適な操作感を実現。

画像クリックでPIXPRO4KVR360の詳細ページへ

360fly 360fly HD

1つのレンズで360度動画の撮影が可能なアクションカメラ。ほかの360°カメラやVRカメラと違い、360flyはひとつのレンズだけですべてを撮影するので、撮影した映像に継ぎ目ができない。つまり動きや見た目に不自然さがないうえ、煩雑な編集ソフトも必要なし。撮影解像度は1504×1504ピクセル。水平360°×垂直240°の視野角。さらに、1mの防水、IP6Xの防塵、1.5mの耐衝撃のタフ性能で、高解像度写真や、4K相当の動画を撮影、配信ができる。360℃カメラ最強の一品。

画像クリックで360fly HDの詳細ページへ

Insta360 Insta360 One

Insta360 ONEは、わずか82グラムとコンパクトながら、これまでにないハイスペックな性能を持つ360°カメラ。カメラ単体での撮影に加え、iPhone/iPadに直挿しするLightning接続、Bluetooth接続でリモートコントロールした撮影が可能。最大7K(6912×3456)、2400万画素と超高画質、さらに360°動画としては驚異の120fpsスロモーション撮影機能、オブジェクト・トラッキング機能、6軸スタビライゼーションによる手ぶれ補正機能などの多彩な機能も魅力。また軽量コンパクトなので紐や自撮り棒に取り付けて自分の周りを回転させると、自分の周囲をカメラが回っている面白い動画が撮影出来る。

画像クリックでInsta360 Oneの詳細ページへ

ニコン KeyMission 360

4K UHD画質の動画撮影に対応。カメラボディの両面に撮像素子とNIKKORレンズをそれぞれ搭載し、カメラを中心に水平方向と垂直方向の全方位360°の撮影が可能。アクセサリーも豊富で様々なシーンで活躍できる360度アクションカメラ。防水、防塵、耐寒、耐衝撃性能を備え、手振れによる映像ブレの補正もできるパーフェクトな360度カメラ。ヘルメットや手首、サーフボードなどに装着できる豊富なマウントアクセサリー(別売)との組み合わせで、多彩なシーンでの撮影を実現。カメラの設定変更や画像の再生・編集には、専用の「SnapBridge 360/170アプリ」または「KeyMission 360/170 Utilit y」が必要です。スマートフォン/タブレット用のSnapBridge 360/170アプリでは、スマートフォンからのリモート撮影も可能。

画像クリックでKeyMission 360の詳細ページへ

Amazonで360度カメラを探す

Amazonで360度カメラを探すならこちら↓

撮影したVR動画をyoutubeにアップするには?

せっかく高画質で撮影した動画ならば、たくさんの人に観てもらいたいもの。そんな想いも実現できるのが360度カメラで、いずれもスマホとの連動が可能。専用アプリを使用すればスマートフォンからそのまま、またパソコンからもyoutubeに簡単にアップロードできる。

スマホの場合は、専用アプリでアップロード。カメラと連動するアプリを使えば通常の動画と同じ感覚でアップできる。Wi-Fi接続時にアップしよう。

パソコンの場合は、専用ソフトでアップロード。各カメラメーカー提供の専用ソフトを使ってアップロードする方法が簡単。カメラ内でステッチ済みであればブラウザーからアップロードすることもできる。

VR体験スポット一覧

360度カメラで自分で撮影して、その動画VRゴーグルで楽しむのもいいが、もっともっと没入感のあるVRコンテンツを楽しむなら、思い切ってVR体験スポットに出かけよう。VRを体験出来るスポットはかなり増えた。空中散歩をしてみたり、エヴァンゲリオンにパイロットとして乗り込んだり、みんなでゾンビを倒しにいったりと、各スポットが没入感たっぷりのコンテンツが多数、体験出来ます。4Dチェアを利用した本格VRも面白い。ここではそのVR体験スポットの一部を紹介。

  • VR ZONE SHINJUKU(新宿)
  • SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
  • SEGA VR AREA ABENO(大阪)
  • VR PARK TOKYO 池袋店
  • Galaxy Studio Tokyo(原宿)
  • VR SPACE SHIBUYA(渋谷)
  • FIRST AIRLINESファーストエアラインズ(池袋)
  • ZERO LATENCY VR(お台場)
  • VirtuaLink(バーチャリンク)お台場・スカイツリー
  • シブヤVRランド(渋谷)
  • 渋谷 VREX
  • ドスパラVRパラダイス(秋葉原)
  • SEGA VR AREA AKIHABARA(秋葉原)
  • カプコン VR(千葉県)
  • VR Center(埼玉県)

上記のスポットは有料ながら非日常を味わえるスポットから、充実度がありながら無料のVR体験スポットまで多種多様。SFの世界にあったような未来を体験できるおすすめスポットだ。

また、最近では漫画喫茶でも、「自遊空間」や「アイカフェ」「マンボー」などVRゴーグルの無料貸し出しを行っている店もある。

VR動画おすすめ

ここでは多数あるVR動画の中でもおすすめのVR動画の一部を紹介する。

  • GoPro VR:Tahiti Surf with Anthony Walsh and Matahi Drollet
  • 恐竜戯画「積木製作/VROX」
  • 相馬野馬追2017 360度VR〜Soma Nomaoi
  • elecom 360度 VR映像パラグライダー
  • アプガが僕に恋をした(仮)
  • ドドドンパ360度動画
  • 360度動画でVR体験!水没車両からの脱出【擬似体験版】
  • 360°VR動画クラシックカーレースに参加

VRゲーム・アプリおすすめ

ここでは多数あるVRゲーム・アプリの中でもおすすめのVRコンテンツの一部を紹介する。

  • 360Channel
  • Discovery VR
  • ハコスコ
  • 透明少女VR
  • J SPORTS VR
  • Another Planets
  • オルタナティブガールズ

【VRゴーグル・360度カメラ】おすすめ商品最強ラインナップまとめ

2016年のVR元年から、多数のユーザーの意見・口コミを頼りに進化し続けるVR商品。VRゴーグルにせよ360度カメラにせよ、その進化には無限の可能性を秘めつつも、ひとまずはプロトタイプの状況を脱出し、ほぼほぼの完成形態をなしたと言える。それは使用感や操作性、快適性など様々な分野において言えることで、実際に使用してもらえればすぐに実感出来るレベルだ。そして急増するVRコンテンツはより面白く巧妙かつ繊細に。つまりはVR初心者も玄人も、今だからこそ買いであり、今だからこそ体感できるバーチャルリアリティーを存分に楽しんでほしい。そして良い時代に生まれたことに感謝したい。

スポンサーリンク

シェアする

人気急上昇中の関連記事