【簡単・節約レシピ】刺身かさ増しでねばねば4色丼

シェアする

皆さんこんばんは。

こちらの記事ではタイトルにあるように、

【簡単・節約レシピ】刺身かさ増しでねばねば4色丼

をテーマに、節約晩ごはんのメニューを紹介していきたいと思います。いつもは「献立はスーパーで考える」というテーマですが、節約しているとぶちあたるのが「刺身の壁」だと思います。日本人である以上、刺身を食べたいところなんですが、刺身なんて1パックかったらほぼ予算カツカツになり、しかも量が少ない。満足感を得つつも刺身を楽しみましょう。

また、毎回恒例の、奥様が旦那様に言うべき「効果的な捨て台詞」の記事の後半に載せていますので是非お付き合いください。

さて、このシリーズの記事のコンセプトは、

安い(一人200円ぐらい)
そこそこ旨い
お腹いっぱいになる
すぐ出来る(スーパーは、カット済みや調理済み食材多数。これを生かします)

というものです。

簡単に作る為に、調理工程を極力カットし、レシピをシンプルに。そして、買い物代も極力カットという欲張りな献立です。男の料理で恐縮ですがお付き合いください。

なんで安いかというと、単純です。

スーパーに行って、安いものや割引になっている商品と、家の冷蔵庫の中身から今日の献立を考えるからです。

いわゆる逆引きレシピです。

あらかじめ今日は何にしようかなって献立を考えてからスーパーに行ったら、値段に関係なく必要な食材を買っちゃいますよね?

だから、
節約するなら献立はスーパーで考えるのが一番
なんです。

ちなみに私の家族は、夫婦と娘1人なので、だいたい(200円×3人)600円です。

さて、それではさっそく本日も参りましょう。

スポンサーリンク

買い物(すべて使わない場合もあります)

もちろん本日の買い物もスーパーです。ちなみに私は、いつも八王子で天下を取っているスーパーアルプス様やクリエイトSD様を利用します。

マグロ、おくら、豚肉、長芋

  • マグロたたき    208円
  • オクラ        69円
  • 長芋         79円
  • 豚肉        148円

鮮魚コーナーでさっそくマグロタタキが安いのを発見。写真じゃわかりにくいですがまずまずのボリュームで208円。普段はこんな値段で生物が売っていることはレアで、普通刺身なんて買ったらあっという間に600円の予算を超えてしまいます。そんなわけでこのチャンスにマグロをゲット!ふらっと歩いていると「長いも」が79円!おお、これは安い。ありがたいことにオクラも激安。今日の一品は決まりです。

もう一品はどうしようか、と思ってたらすぐに発見「豚ロース」半額です。これでオッケー。

これで今日の買い物終了〜。

食材(すでに冷蔵庫にあるものも含む)

  • マグロたたき    208円
  • オクラ(4本)    35円
  • 長芋(半分)     40円
  • 納豆(1P)     33円
  • 豚肉(全部)    148円
  • 玉ねぎ(1個)    50円
  • 豆腐(1/3)    33円

合計 547

けっこう今日は贅沢なメニューですが、余裕で予算クリアーです。

そんな今日の献立はこちら。

本日の晩御飯の献立

ネバネバ4色丼(マグロ・納豆・オクラ・とろろ)         
豚生姜焼き
豆腐と玉ねぎのみそ汁     

簡単なレシピと調理手順(調理時間20分程度)

  1. みそ汁用の鍋と、オクラ茹でる用の鍋にお湯を沸かす。
  2. 豆腐、玉ねぎ(半分は生姜焼き用)をカットし、みそ汁鍋に投入。オクラも投入。
  3. 長芋をカットし、とろろを作る。
  4. 鍋が沸騰したら火をとめ、味噌汁鍋にほんだし、味噌を投入。
  5. オクラが茹で上がったら、カット。
  6. ボールに豚肉、玉ねぎ、砂糖少々、醤油大2、みりん大2、酒大1、生姜チューブを4センチ入れ混ぜ、フライパンで炒める。
  7. 納豆を混ぜ、4色丼の食材を盛り付けて、最後に鰹節を乗せて完成。

晩御飯の完成写真

豚生姜焼き、4色丼

コメント

色鮮やか、栄養満点なディナー(1人前182円)

ネバネバマグロ4色丼は、味付け自由です。私はマグロやオクラの部分には醤油をかけ、とろろの部分にはめんつゆをかけます。全部めんつゆでも美味しいです。あとは、それぞれパート毎に食べても美味しいし、混ぜて食べて美味しい。予算の関係で刺身をあんまり買えない時はこうやっておいしくカサ増しレシピで満足感高めてます。この4食材はとにかく相性がいいんですよ♪

豚生姜焼きは、ずっとこのレシピで作っているのですが、店の生姜焼きよりも美味しいです。まあ、自分の好みに味付けしているから当然なんですけど。。。好みでニンニクを入れたり、時間があるならもっとタレに漬け込んでも良いし、ベースができているとアレンジしやすいメニューです。

本日の旦那様への捨て台詞

旦那様が食事中に、

「今日さ、電車でマナーのなっていない若者がいてね。危うくガツンと怒鳴り散らしてやるところだったよ。ほら、俺も昔は悪だったから、血が騒ぐっていうか、こぶしが唸るっていうか。」

と「俺は若い頃悪かった自慢」をしてきたら、

「まあ怖い。ごちそうさまでした。」

と、否定も肯定もせずに受け流し、食事を終えましょう。

男の「俺は昔悪かった」話は9割嘘です。イキってるだけです。

下部のアイコンでSNSシェアお願いします!m(_ _)m

こんな記事でも一生懸命書いてます。「少しは役に立った」「笑えた」という方は、下にあるアイコンClickでSNSシェア応援していただけると励みになります。