子供と遊ぶ。八王子の公園その41(六本杉公園)

シェアする

こちらのサイトでは、

八王子にある公園を親子で遊ぶ目線で、様々な角度から評価をしてまいります。お子様と一緒に遊ぶ公園探しにお役立てください。

遊具とトイレは全て写真を掲載していますのでその公園の詳しい情報を知りたい方にオススメです。

着目ポイントは以下。

  • 時間を潰せるか
  • トイレはきれいか
  • 遊具は豊富か
  • 自動販売機(水分補給)はあるか
  • 子供にとって、親にとっての気遣いはあるか

メニューや検索バーから他の公園も検索できます。

六本杉公園で子供と遊ぶ

六本杉公園

子安東公園からさらに南に坂を登って約5分のところにある公園です。ここも子安町。そしてわたしの感想は、子安町すげえなって事。子安町の公園、ハズレなしじゃないですか。六本杉公園はとにかくでかい。山の半部ぐらいを使っています。そして遊具がこれまた驚きのどデカアスレチックが登場します。自然に囲まれた公園です。

スポンサーリンク

場所(グーグルマップ)

広さ(レベル4/5)

冒頭でも申し上げた通り、山の半分くらいを使っている公園なので、かなりデカいです。遊具エリアと芝生グラウンドエリア、それからウォーキングエリアと、いずれも大きな3つのエリアで構成されています。

遊具(ハマりレベル4/5)

ブランコの親子

なんて愛らしいのでしょうか。ブランコの親子です。小さいのと大きいのを並べるなんて素敵な発想ですね。座る場所も仲良く2個ずつ設置されています。これなら小さい子から大きい子まで楽しむ事ができますね。低すぎると大きい子は足を引きずって危険だし、高すぎると小さい子は危険だし。これで解決素晴らしい。

ブランコ親子

ん?

座るところ、高さ同じじゃね!?

嘘でしょ?完全に同じじゃん。いやいや、そこ差をつけないと意味ないじゃん。まじか、まじなのか。と、現場でツッコミ入れておきました。混乱です。

砂場

ここの砂もよく使われているようです。若干カサカサ感はありますが。少し遊んでいれば、本来のパワーを発揮してくれます。

砂場

巨大アスレチック

このデカさは圧巻です。一枚の写真には収まらないので、3方向から撮影しました。子供もみつけるとすぐに駆け寄っていって、手当たり次第遊びます。「たくさんの仕掛け×遊びの天才=無限大」です。

アスレチックに登る方法も、降りてくる方法も場所によって全部違いますし、初級から上級までいろんな年齢の子供が楽しめます。

アスレチック

アスレチック(右の方)

こちらは比較的年齢の低い子向けの仕掛けが集まっています。それでも十分楽しそうです。

アスレチック

反対側はこんな感じ

本当にもう色々ありすぎで目移りしちゃいます。危険なところには基本何かしらの壁があるので転落の心配はありません。安心して見て入られます。

アスレチック

ちなみに私が確認したものだけでも。

すべり台3つ、網渡り、網くぐり、うんてい、ボルダリング、登り棒、はしご登り、ステップなどなどたくさんの遊びがありました。実際に登ったらもっとたくさんの仕掛けをみつけられるはずです。なんて贅沢な公園なんでしょう。もちろん、子供は大満足。勝手に遊んでくれるので、親もちょっと一息つけますよ。

緑の遊歩道

緑に溢れる遊歩道。ウォーキングで通ればとても気持ちがいいですね。

緑

で、緑の遊歩道という事は、緑を好む昆虫たちもたくさんいます。私は暖かい時期は絶対に通りません。今回、遊歩道を通ってきましたが、一回「ぎゃー」って悲鳴をあげました(笑)自分よりはるかに小さい謎の飛行虫が、耳元で「ぶーーーーーん!!」って来るんだもん。あー鳥肌。そして、情けない。。。

トイレ(綺麗レベル3/5)

ありがたい、普通のトイレです。このレベルのトイレを設置してくれると、本当に安心です。特にこの公園はそばにコンビニなどがないので必須項目です。

あ〜良かったって、思ったんだけど、

遊具エリアから遠くね!!?

そうなんです。このトイレはあのアスレチックのあるところから歩いて2分前後はかかります。「もれるーー!」ってなってからだと、ギリなので注意です。

トイレ

自動販売機・コンビニ(水分補給)

コンビニ:駅の方まで戻ればありますが近場にはありません。

自動販売機:公園出て左に坂を登り、右折下ったところにあり。

基本情報

名称:六本杉公園

所在地:〒192-0904 東京都八王子市子安町 2丁目-26-9

連絡:不明

総合評価

山の半分を使ったこの公園はとにかく広いし緑がいっぱいです。おまけに巨大なアスレチックがあって子供のハマり度はかなり高いです。十分時間をつぶせますし、トイレもきちんと設置されていますのでご安心を。ただ、広いので子供から目を離さないように注意です。どこまででもいけちゃいます。