転職・退職を考えている人へ4(再就職手当)

シェアする

受給日数が伸びるとどんなメリットがあるのでしょう?そりゃあ就職できなければ、その日数が長いに越したことがありませんが、就職したら給付はストップなのだから、意味がないのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、これがあります。

再就職手当

これは失業手当の受給日数が残っている状態で就職が決まった方に、受給の残日数分を手当として貰えるというものです。

だから早く再就職しても損しない。むしろ早く再就職しましょう。※手当受給には条件あり。

だから受給日数は長いに越したことがない。

ちなみに、自己都合を会社都合に変更して、会社になにか通知やペナルティーはありますか?と聞いてみましたが、まず、会社に通知はないとのことなので本人は安心して良いそうです。また、会社側にも、大きな影響はないとのこと。※あまり会社都合の退職者が多いと若干のペナルティーや指導があるというようなお話も聞きましたが、安心してくださいと言われました。


細かい仕組みをもっと書きたいのですが

なにしろ法律のことですとか、計算式ですとか、貰える条件ですとか人によってケースバイケースなので、細かく書くと、結局なにがどうなってるの?わかりにくいんだけど。

となってしまいますので、ざっくりと、退職時の流れを簡潔にお話しさせていただきました。

私もこの給付金や退職理由については様々なサイトをみて勉強したのですが、どのサイトもリスク回避のため、この場合はーとか、注意点だらけで細かく苦労しました。

なのでざっくりとここで流れをつかみ、その後、細かく説明のあるサイトにいってもよろしいかとおもいます。どうかご了承ください。

給付金をしっかり受け取り新しいステップを

いよいよ新しい人生探しです。じっくり会社を選び、次こそは最高の会社と出会いたいものですね。

私も皆様の重大な人生の決断を讃えるとともに、1日も早い再就職をお祈り申し上げます!

↑お前が言うな

次回の記事では、私がお世話になった、公共職業訓練についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする