転職・退職を考えている人へ3(退職理由と給付金)

シェアする

次は退職理由です。先に裏技?自己都合で退職しても、後で会社都合に変更のチャンスあります。私はこれに助けられました。

退職理由は色んなことに影響する

私がやっちまった落とし穴はここでした。

そもそも私は会社を退職した理由は、

課長になり労働時間が無限大になったため、家族との時間をほぼ取れなくなってしまったから。なのです。

課長(監督者側)の人間になり、タイムカードがなくなりました。←この時点で気付くべきだった。無限労働時間のスタートです。

会社側はしっかり休めよ〜と言って来る。でも、この意味わかるよな〜?的なニュアンスです。

休みの日にも電話くる。「あ〜ごめ〜ん、そういえば今日休みだったっけ?いや〜、あの店でクレームなんだけど、良いや、俺やっとくわ〜」とかwww

そうこうしているうちに休みがなくなって、妻も不満が溜まりだし。

あ〜このまま65歳までず〜っと休みなしか、って思ったら、いつの間にか上司に辞めますって電話してました。自分でも驚くほど冷静だったことを覚えています。

で、話を戻しまして、とは言え、私にとっては大好きな会社、大好きな仕事だったので、退職理由には自己都合になるように記載して書類を提出。

スポンサーリンク

自己都合会社都合

会社を退職する時に大事なのがこの退職理由。

  • 自己都合→転職や嫌になって辞めるのもそうですし、病気や怪我、解雇など、会社に責任がない退職
  • 会社都合→倒産や、会社からやむなく退職を勧められた、パワハラセクハラなど

要するに大半が自己都合なわけです。でも例えば私の場合であれば、なかなかの労働環境だったので、正直に書類を提出していれば、会社都合に出来たはずです。

それなのに、立つ鳥後を濁さずなんて言い訳をつけて、自己都合に。でも正直、面倒くさい手続きや、世話になった会社との関係を壊したくなかっただけなのです。

会社都合での退職は、退職金や失業給付金に影響

これが結構大きいんですよ。

退職金は会社の規定によって違いはあると思いますが、私の会社はかなり違くて、差額で言うと数十万は損したかと思います。これが、長年勤めた会社だったらその差は歴然でしょう。会社との付き合いも大事ですが、自分のもらえるお金はその後の就職活動時の生活や精神の安定にも大切ですから、会社都合にできるならしたいものです。

失業給付金にも影響がでます。これもまた差が大きいんです。

失業給付金って何?

これは、失業した後、ハローワークに行くと申請でき、直近半年の給料を計算して日当を割り出し、その50〜80%の金額を、決められた日数分、就職する日まで毎月もらえる仕組みです。

人によって違いますが、これは自動で計算されますので計算式など覚えても意味はありません。

目安として私の場合は毎月が40〜50万ほどの給料でしたが、計算式に当てはめると

7075円/日で、180日分でした。

年齢により上限が決められていて、私の金額は、この年齢では上限だったそうです。

貰える人にも条件があって、

  • 退職する前の2年間、雇用保険に加入していた期間が12ヶ月以上ある
  • 失業状態にある

という2点ですから、退職したばかりの方はほとんどの方に権利があります。

必ず申請しましょう。不正受給はダメです。ルールを守り、就職活動に励みましょう。

これがあるおかげで、私も集中して就職活動に励むことが出来ました。


退職理由によって受給日数が変わる

実は私は退職理由を自己都合で退職したので、本来の受給日数は90日でした。

しかし、ハローワークで胸につかえていた思いを話しました。会社の労働環境についてです。

特に、労働環境についてお話をしました。

深夜に電話がきたり、謎の叱責があったり…と。

するとその職員の方が、

そのパワハラの事実を証明できる方が会社に二人以上いますか?と聞いてきたので、いますと答えました。では、特に書式はありませんので、どのようなことがあったのかと、名前と印鑑をその方たちに貰ってきてください。その書面が有効になれば、会社都合に申請し直します。

、おっしゃっていただき、私はすぐに二人にお願いをしました。実際にパワハラを受けていたのは私どころか他に数十名もいましたので、集めるのは簡単でした。

そして、すぐに申請をし直していただくことが出来ました。これがまた大きいんです、

それについてはまた、次の記事で説明していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする