転職・退職を考えている人へ(損をしない退職のために)

シェアする

みなさんこんにちわ。おちパパ日記です。

スポンサーリンク

ちょっと待った。どうせ辞めるなら損するな。

せっかくの一大決心ですから、ぱっと決めちゃったりしないで一度冷静になりましょう。辞めるにせよ辞めないにせよ、絶対に損しちゃダメです。私は本当に損したんです。この国にはいろんな法律があって、労働者を守ってくれています。それを使わずに辞めるのはあまりにもったいないです。それについても後述してまいりますが、

まずは、

どうして辞めたいのかをまとめましょう。

会社を辞めたい時の理由は大きく分けて3つです。

  1. お金
  2. 人間関係
  3. 仕事内容

あなたはどれに当てはまりますか?

1、お金

  • 給料がどうしても足りない。
  • もしくはこの給料じゃ暮らしていけない。
  • 急に給料が下がった。
  • 雇用条件が変わった。
  • 上司の給料を知って愕然とした。

2、人間関係

  • 上司と折りが合わない
  • パワハラ・セクハラ
  • 恋愛トラブル
  • いじめ

3、仕事内容

  • 業績が評価されない・出せない
  • 急な異動で業務内容がガラリと変わった
  • きつい・汚い・危険
  • 残業が多すぎる
  • 休みがない

大体こんなところでしょうか。

で、どうして辞めたいのかを自分の胸に手を当てて聞いてみることってとても大事なんです。そうやって自分を冷静にすることでいろんなことが見えてきます。

じっくりと考えてみてください。

その悩みって、転職先では本当に解決するの?

薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ

1、お金に関しては、転職先では給料はまず下がると思ってください。ヘッドハンティングやらとてつもなく好条件の転職なんて、そんな甘い話は滅多にありません。

少しずつ変わってきましたが、日本は相変わらずの年功序列。時代が変わろうとしても、変化を嫌う人たちが上司として君臨していますから。それに、長く会社に勤めて貢献している人の給料を上げていくというのは日本人の心。良き文化でもあると思います。

だから、同じ業種で転職すれば、次の会社ではまた一からの給料。普通下がりますし、異業種への転職なら、それこそ初心者のど素人。本当に一から積み上げていかなければなりません。

2、人間関係に関しては、あたりまえのことですが転職先にも人間関係はあります。パワハラ・セクハラが次の会社にないとも言えませんし、そもそもこれはコンプライアンス違反ですから、そんなことでこちらが引く必要はありません。人事部に訴えましょう。←それが出来りゃあ苦労しないよって話。でも、これが事実としてあると、後々退職の時に自分を助けてくれますからしっかり記録しておきましょう。

恋愛トラブル、これは…。好きになって別れて気まずい的な。もうこれは個人の責任ですが、これで退職はちょっと行き過ぎです。絶対に私は反対です。これで辞めたら、きっと次の会社もこんなことで辞める。踏みとどまりましょう。

いじめに関してはなんともいえませんが、冷たく言えば自責も疑ってみる必要があると思います。経験的にいじめられて部署異動した人って、その先でもいじめに遭うケースが少なくありません。本人の行動になにか問題がある場合は、会社が変わってもきっといじめにあいます。いじめる奴が悪いんですけどね。

3、仕事内容という方。これは結構重いです。わたし、これで悩んでいる方には退職をおすすめします。だって、日本人って勤勉だから、一生の大半を仕事してるんです。その仕事が嫌だってなったら、人生の半分を嫌なことして過ごしてるってことです。給料安くっても、休みがなくっても、好きな仕事、やりたい仕事をやるべきです。忙しい芸能人って、休みないけど頑張れる。それってきっとその仕事が大変だけど、楽しくて好きだからですよね。だから仕事内容が無理だったら、思い切っていいと思ってます。

それでも良い。もう辞めたい!

そう決心したなら、思いっきり行っちゃいましょう。私はとてつもなく素晴らしい決断だと思います。グチグチと対策もせず、ただひたすら文句を言って周囲に悪影響を与えながら働いているぶら下がり社員よりもはるかに優れた判断です。

必ず自分で決断すること

退職について、上司や家族、友人に相談するのは大事なことです。アドバイスを受けることもいいと思います。でも、最後の決断は必ず自分でする。じゃないと、後々、失敗したなと感じた時にその人を逆恨みしてしまうからです。自己責任ですね。

さあ、そしていよいよ退職ですね。新しい素敵な人生にチェンジしていきましょう!

と、その前に、退職の準備です。上手に辞めないと損しますよ。次の記事で辞める時の注意点を記述していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする